Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

2021年9月

年月を選択いただくと、選択した年月の上映作品が表示されます。

9/11(土)20時!オンラインイベント『プリズン・サークル』でゆるっと話そう

詳細ページ
『太陽の塔』ポスター画像
9月2日~12日 10:30~12:22 *水曜休

『太陽の塔』

2018年製作/112分/日本/ドキュメンタリー
「私は進歩に疑問を持っている」 1970年、高度経済成長に沸く日本で、「人類の進歩と調和」というテーマで開かれた大阪万博。そこでひときわ異彩を放っていたのが、テーマに反して周りと調和しようとしない太陽の塔だった。あれから約半世紀、今もなおそびえ立つ太陽の塔に惹かれるのは、岡本太郎が込めたメッセージが、今にこそ人々の心に響くからに他ならない。それはなぜなのか?それは何なのか? 当時の岡本太郎を知る人々の貴重な証言と、美術研究家やアーティスト、クリエイターへのインタビュー、同時期に制作された“明日の神話”のテーマを探る取材を通して、現代に生きる我々への太陽の塔からのメッセージを浮き彫りにしていく。 スタッフコメント有り👇
詳細ページ
『ニーゼと光のアトリエ』ポスター画像
9月2日~12日 12:50~14:39 *水曜休

『ニーゼと光のアトリエ』

2015年製作/109分/ブラジル
「私の武器は、愛と絵筆」 1940年代のブラジル。精神病院で働くことになった医師のニーゼは、患者に対するショック療法など、暴力的な治療が日常茶飯事になっている現実を目の当たりにし、衝撃を受ける。 男性医師ばかりの病院で身の置き場も少ないニーゼは、冷遇にも怯まず病室を快適な場所に変えようと試みる。そうして生まれたのが、患者たちに絵の具と筆を与え、心を自由に表現するアトリエであった。 「私たちの仕事は、まずよく聞き、観察すること。口は出さない」 次第に思い思いの絵を描くようになる患者たち。論理的な言葉を失っても、患者は別の言葉で対話し、彼らの絵には無意識のイメージが表れているのだとニーゼは語る。 第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最高賞の東京グランプリと最優秀女優賞を受賞した。 スタッフコメント有り👇
詳細ページ
『行き止まりの世界に生まれて』ポスター画像
9月2日~12日 15:00~16:33 *水曜休

『行き止まりの世界に生まれて』

2018年製作/93分/アメリカ/ドキュメンタリー
閉塞感に満ちた小さな町で必死にもがく若者3人の12年間を描く エモーショナルな傑作ドキュメンタリー! 「アメリカで最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビン。幼い頃から、貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいた。彼らにとって唯一の居場所、もう一つの家族だったスケート仲間。だが大人になるにつれ、3人は少しずつ道を違えていく。映画監督になったビンのカメラは、明るさの内にある3人の悲惨な過去や葛藤、思わぬ一面を露わにしていく。それでも、彼らの笑顔に未来を想い、応援せずにはいられない。 痛みと希望を伴った傑作が誕生した。 ★『プリズン・サークル』を観た人はぜひ本作も! スタッフコメント有り👇
詳細ページ
『世界一と言われた映画館』ポスター画像
9月13日(月)~21日(火) 10:30~11:37 9月20日(月・祝)のみ10:20開始

『世界一と言われた映画館』

2017年製作/67分/日本/ドキュメンタリー
40年前存在した、「世界一」と謳われた奇跡のような映画館にまつわる、証言集。 上映ベルの代わりにジャズの名曲「ムーンライト・セレナーデ」が流れると、暗がりの中で映画が始まる……。 山形県酒田市に、映画評論家・淀川長治氏が「世界一の映画館」と評した映画館、グリーン・ハウスがあった。 その当時東京の映画館でも存在しなかった設備やシステムを取り入れ、人々を魅了したそこは、20歳の若さで支配人となった佐藤久一が作り上げた夢の映画館。しかし、1976年の大火災で焼失してしまう。時を越えた今、あの場所へかつて集った人々が、煌めいた思い出をもとに言葉を紡いでいく……。ナレーションは名優・大杉漣。スタッフコメント有り👇
詳細ページ
『うたのはじまり』ポスター画像
9月13日(月)〜21日(火) 12:00〜13:26 *水曜休

『うたのはじまり』

2020年製作/86分/日本/PG12/ドキュメンタリー
写真家、齋藤陽道(さいとうはるみち)。16歳のとき手話と出会い「声には、様々な色がある」と実感し、20歳で補聴器を捨て、カメラを持つ。「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ彼と、同じく“ろう”の写真家である妻・盛山麻奈美。二人は”聴者”の息子を授かった。抱いた赤子に突然泣かれ、ふと子守歌がこぼれる、音は「どんな色をして、どんな形をしているのだろうか?」。“ろう”の写真家が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録。 バリアフリー【絵字幕版】での上映。映画のなかで“音楽”について、字幕ではなく、絵で表現しています。 スタッフコメント有り👇
詳細ページ
『カンタ!ティモール』ポスター画像
9月13日(月)〜21日(火) 14:00〜16:00 *水曜休

『カンタ!ティモール』

2012年製作/110分/東ティモール・日本/ドキュメンタリー
「彼らのことばが、うたが、いつまでも心をはなれないのは、それがほんとうの物語だから。」 舞台は南海に浮かぶ神々の島、2002年に独立を果たした東ティモール。ひとつの歌から始まった運命の旅が、音楽あふれるドキュメンタリー映画となった。当時23歳だった監督広田奈津子は、彼らの歌に隠された本当の意味に触れてゆく。そして出会う、光をたたえるまなざし。詩のようにつむがれる言葉の数々。日本人が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモールの悲劇と人々が起こした奇跡の歴史。自主映画ながらも感動は国境を越え、5カ国100カ所以上の試写会で会場が心を震わせた。 スタッフコメント有り👇
詳細ページ
『寝ても覚めても』ポスター画像
9月13日(月)〜21日(火) 16:20〜18:19 *水曜休

『寝ても覚めても』

2018年製作/119分/日本
「違う名前、違うぬくもり、でも同じ顔。 運命の人は二人いた。」 芥川賞作家 柴崎友香による同名小説の映画化。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門選出作品。東京でサラリーマンとして働く亮平(東出昌大)はカフェで働く朝子(唐田えりか)と出会い、二人は次第に惹かれあってゆく。しかし朝子には亮平に伝えていない秘密があった。亮平は、朝子がかつて運命的な恋に落ちた恋人、麦(ばく/東出昌大)と顔が瓜二つだったのだ…。監督は『ドライブ・マイ・カー』(8月20日より全国公開)でカンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した濱口竜介。 人は人の何に惹かれるのか。愛という名の一種の狂気を綴った大人のラブストーリー。 スタッフコメント有り👇
詳細ページ
『プリズン・サークル』ポスター画像
★延長決定 9月23日(木/祝)〜28日(火) 19:30〜21:46

『プリズン・サークル』

2019年製作/136分/日本/ドキュメンタリー
過熱する犯罪報道、厳罰化を叫ぶ声 けれど私たちは、この国の「罪」と「罰」について多くを知らない。 取材許可に6年、撮影2年。日本国内の刑務所に初めてカメラを入れたドキュメンタリー。受刑者同士の対話を通して犯罪の原因を探り、更生を促すプログラム「TC」を導入している日本で唯一の刑務所「島根あさひ社会復帰促進センター」。なぜ自分は今ここにいるのか、いかにして償うのか?受刑者たちがプログラムを通じて向き合うのは、犯した罪のみでなく、幼い頃に経験した悲痛な記憶と感情。カメラは4人の若者を中心に、言葉と新たな生き方を身につけていく姿を克明に描き出す。 ★『行き止まりの世界に生まれて』と深く響く作品です。 スタッフコメント有り👇
詳細ページ