CINEMA Chupki TABATA

Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

今月の上映

今月のテーマ(名言)

地球は先祖から譲り受けたものではない。子孫から借りているものだ。
(ネイティブアメリカンの言葉)

12月2日(木)〜17日(金)

10:30~12:33地球交響曲 ガイアシンフォニー第九番
13:00~14:13明日をへぐる
14:40~16:35MINAMATA -ミナマタ-
16:50~18:45阿賀に生きる

地球交響曲 第九番公開記念!水曜日特別上映!12/20〜はレイトショーもあり

12月1日(水)地球交響曲 第一番 10:30-/第二番 13:00-/第三番 15:30-
12月8日(水)地球交響曲 第四番 10:30-/第五番 13:10-/第六番 15:40-
12月15日(水)地球交響曲 第七番 10:30-/第八番 13:00-

12月18日(土)〜31日(金)*22(水)休み

10:30〜12:25MINAMATA -ミナマタ-
12:45〜14:38くじらびと
15:00〜16:22大海原のソングライン
16:40〜18:43地球交響曲 ガイアシンフォニー第九番
12月20日19:00〜地球交響曲・旧作を日替わりで上映
営業時間
12月1日〜17日(10:00~19:00)12月18日〜31日(10:00〜21:30)◆休館日:12月22日(水)
地球交響曲(ガイアシンフォニー)第九番ポスター画像
12/2(木)~17(金) 10:30~12:33 / 12/18(土)~31(金) 16:40~18:43、12/31(金)19:00〜21:03 *29(水)を除く、水曜休み

『地球交響曲 ガイアシンフォニー 第九番』

2021年製作/123分/日本/ドキュメンタリー
「この宇宙に普く満ちている音は森羅万象の創造に深く関わっている」 「地球はそれ自体がひとつの生命体である」というガイア理論に勇気づけられ、龍村仁監督によって制作されたドキュメンタリー映画シリーズの最新作。美しい映像と音楽、珠玉のことばの数々で、調和を求める宇宙の「大いなる意志」を描く。 ◆第一番〜八番までの上映もあり!詳しくはこちら:https://chupki.jpn.org/archives/8617
ご予約・詳細
『『明日をへぐる』ポスター画像
12月2日(木)~17日(金) 13:00~14:13 *水曜休

『明日をへぐる』

2021年製作/73分/日本
「土佐和紙の原料となる楮(こうぞ)をめぐる 山里の人々の暮らしを記録したドキュメンタリー。」 高知県のローカルな方言「へぐる」は、特殊な包丁で土佐楮の皮から表皮部分を削ぎ取る作業。楮の外皮を何度も削り落とし、繊維だけを残していくことで、千年残る和紙が生まれる。山あいの暮らしや和紙文化を通して、効率・利便性を求めるが故に余裕が失われた現代社会の日常を見つめ直す。
ご予約・詳細
『MINAMATA ミナマタ』ポスター画像
12/2木~17金 14:40~16:35 / 12/18土~31金 10:30~12:25 *水曜休

『MINAMATA -ミナマタ-』

2020年製作/115分/アメリカ
「一枚の写真が 世界を呼び覚ます」 1971年、ニューヨーク。写真家・ユージン・スミスは酒に溺れ荒んだ生活を送っていた。そんな時、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。ジョニー・デップがキャリアの全てをかけて伝える世界への警告と希望の光。
ご予約・詳細
『阿賀に生きる』ポスター画像
12月2日(木)~17日(金) 16:50~18:45 *水曜休

『阿賀に生きる』

1992年製作/115分/日本
「豊かな暮らしとは何か その答えがここにある」 新潟県の大河・阿賀野川。佐藤真監督ら7人のスタッフが、3年間住み込み、田植えを手伝い、酒を呑みかわし、阿賀の人々の暮らしに寄り添って撮影した。新潟水俣病という社会的なテーマを根底に据えながらも、そこからはみ出す人間賛歌を3組の老夫婦を通して収めたドキュメンタリー映画の金字塔。
ご予約・詳細
『くじらびと』ポスター
12月18日(土)~31日(金) 12:45~14:38 *水曜休

『くじらびと』

2021年製作/113分/PG12/日本
「自然とともに生き、命に感謝し、祈りを捧げるーーSDGsの本質がここにある。」 ガスも水道もなく作物が育たないインドネシア・ラマレラ村を、太古さながらのクジラ漁が支えている。命を賭けてモリ一本で巨大なマッコウクジラに挑む壮絶な狩りの背景には、400年に渡り命を繋いできた鯨と人間の魂の物語があった。“生きること”の本質に触れるドキュメンタリー映画。
ご予約・詳細
『大海原のソングライン』ポスター画像
12月18日(土)~31日(金) 15:00~16:22  *水曜休

『大海原のソングライン』

2019年製作/82分/オーストラリア・台湾合作
「音楽が繋げる壮大なアンサンブル」 太平洋からインド洋に至るまで、16の島国に残る音楽とパフォーマンスを記録した音楽映画。オーストラリア先住民の“ソングライン”という思想/信仰に基づき、100名を越える各島々の音楽家たちと、かつて繋がっていた島々の歌をもう一度集結させる音楽プロジェクト「Small Island Big Song」の映画版。
ご予約・詳細

来月の上映

Coming soon

チュプキについて

チュプキはアイヌ語で「自然界の光」
誰もが楽しめる映画館です。

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、
車いすの人も、小さなお子様連れの人も、
だれもがいつでも安心して、
一緒に映画を楽しむことができる、
すべてのお客様を対象とした映画館、
それが、ユニバーサルシアターです。

劇場案内

劇場案内のイメージ画像

チケット料金やご入場に際するご注意、ユニバーサルシアターの特徴や、劇場設備、シアターレンタルについて。

詳しく見る

ワークショップ

ワークショップのイメージ画像

音声ガイド講習会ほか、映画にちなんださまざまなワークショップを不定期で開催しています。

詳しく見る

トピックス

トピックスのイメージ画像

メディア掲載、noto、過去のトークショーのログ、事業報告など、読みものを集めたページです。

詳しく見る

ショップ

ショップのイメージ画像

チュプキのオリジナルグッズや書籍・パンフレットなどが買えるお買い物ページです。

詳しく見る

地図・アクセス

地図画像
  • ● JR山手線・京浜東北線 田端駅北口を出て、右方向徒歩5分
  • ● 田端駅北口有人改札にて地図を配布しています。
階段とスロープが並行しています。下りきったところで右折し、
車道の下をくぐって信号のある横断歩道を渡ってください。

ご支援のお願い

日本で唯一の
ユニバーサルシアターとしての運営を継続し、
今後もっと広げていくために、
小さな映画館シネマ・チュプキ・タバタを
皆様に支えていただけましたら幸いです。
ご支援よろしくお願いします。

サポーター・クラブの会員になる

サポーター・クラブのイメージイラスト
個人サポーター年会費
3,000円/5,000円/10,000円
法人サポーター年会費
50,000円/100,000円
詳しく見る

寄付をする

寄付のイメージイラスト

一口10,000円~
ご希望の金額で
ご寄付をお願いします。

詳しく見る

物品のご購入でのご支援

物品ご購入のイメージイラスト

Chupki Online Shopにて、
映画の割引チケットや、
シネマチュプキのオリジナルグッズを
ご購入できます。

詳しく見る

ご協力いただいた企業・団体