CINEMA Chupki TABATA

Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

今月の上映

今月のテーマ(名言)

少しでも完璧なものを作ろうと、来る日も来る日も工夫に工夫をかせ寝て、
何代も受け継いできた技がある。そんな職人たちにとって、もの作りが人生なんだ。
こういうことを助けるのが国だろう、それが文化を守るってことだ。

黒澤明

1月3日(日)~16日(土)※水曜休

11:00〜12:49 瞽女 GOZE(1月11、12日は10:30〜の上映です)
13:10〜14:10 もち
14:30〜16:14 相撲道 サムライを継ぐ者たち
16:50〜18:30 はりぼて
19:00〜20:38 (1/9以降上映中止、3/1〜再上映)ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

1月17日(日)~31日(日)※水曜休

10:30〜12:14 相撲道 サムライを継ぐ者たち
12:50〜14:14 アイヌモシㇼ
14:40〜16:41 海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版
17:00〜18:34 ようこそ映画音響の世界へ
営業時間
10:30~20:00(休館日:毎週水曜)
上映チラシをダウンロード
GOZE 大人になったハルと、子供のハル。そしてそれをやさしく見つめ微笑む母のトメ。
1月3日(日)〜16日(土)*水曜休映 

『瞽女 GOZE』

2019年製作/109分/日本
■1月11、12日は上映後舞台挨拶あり! 〜三味線を奏で、語り物などを歌いながら、各地を門付けして歩く、盲目の女旅芸人・瞽女(ごぜ)。国の無形文化財保持者でもある最後の瞽女、故・小林ハルさんの半生を描いた人間ドラマ。生後3カ月で失明したハルは7歳で瞽女になる。母のトメはハルが瞽女になると、子を思う愛情の深さゆえに、心を鬼にしてハルを厳しくしつける。母と子の究極の愛が見えるとき、彼女は何を想うのか。
ご予約・詳細
雪が降る中、餅つきを見つめる主人公の少女・ユナ
1月3日(日)〜16日(土)*水曜休映 

『もち』

2019年製作/60分/日本
岩手県一関市骨寺に暮らす14歳のユナ。祖母の葬式で、頑なに臼と杵を使う昔ながらの方法で餅をつきたいと言い張る祖父だが、ユナにはその気持ちが分からずにいた。しかし、ユナは祖父の心の機微を感じてそっと寄り添う。餅というものはただの食べ物ではなく、強く、そして深い意味が込められていたー。
ご予約・詳細
しこをふむ力士、稽古をする力士たち
1月3日(日)〜31日(日)*水曜休映 

『相撲道 サムライを継ぐ者たち』

2020年製作/104分/日本/ドキュメンタリー
1500年以上の歴史を持ち、国技として日本人の暮らしに深く根付いている相撲の世界を追ったドキュメンタリー。2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋の2つの稽古場にカメラが密着した。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を通し、さまざまな角度から相撲の魅力をひも解いていく。
ご予約・詳細
テレビ局を見つめるスーツ姿の男性。空には無数の鳥たちが飛び交っている。
1月3日(日)〜16日(土)*水曜休映 

『はりぼて』

2020年製作/100分/日本
★アンコール上映!!“有権者に占める自民党員の割合が10年連続日本一”である保守王国、富山県にて、小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人間の狡猾さと滑稽さを浮き彫りにする様子を描いたドキュメンタリー。
ご予約・詳細
時短営業のため1月9日より中止、3月1日〜再上映 

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』

2020年製作/98分/日本/ドキュメンタリー
質素な暮らしぶりで「世界で最も貧しい大統領」とも言われた第40代ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカと日本の知られざる関係を描いたドキュメンタリー。ムヒカ大統領が日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされる。ムヒカ大統領が日本人に伝えたかった思いとは?
ご予約・詳細
1月17日(日)〜31日(日)*水曜休映 

『アイヌモシㇼ』

2020年製作/84分/日本・アメリカ・中国合作
★アンコール上映! アイヌの血を引く少年の成長を通して現代に生きるアイヌ民族のリアルな姿をみずみずしく描き、第19回トライベッカ映画祭の国際コンペティション部門で審査員特別賞を受賞した人間ドラマ。自らもアイヌの血を引く下倉幹人が演技初挑戦にして主演を務め、アイデンティティに揺れる主人公カントを演じた。
ご予約・詳細
「ようこそ映画音響の世界へ」ポスター画像
1月17日(日)〜31日(日)*水曜休映 

『ようこそ映画音響の世界へ』

2019年製作/94分/アメリカ
ハリウッドの映画音響にスポットをあてたドキュメンタリー。1927年に初のトーキー映画「ジャズシンガー」が誕生して以来、常に進化を続けている映画音響。本作では新旧名作群の映像を使用し、映画音響の世界を紹介する。
ご予約・詳細
観客から喝采を受けるピアニスト、ナインティーン・ハンドレッド。
1月17日(日)〜31日(日)*水曜休映 

『海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版』

1999年製作/121分/イタリア・アメリカ合作
とある豪華客船の中で、生後間もない赤ん坊が見つかった。彼の名はナインティーン・ハンドレッド。船上で育った彼はピアノを演奏し、類稀な即興曲を次々と作り出した。そんなある日、彼は船内で出会った少女に心を奪われてしまう。彼女が船を去った後、人生で初めて船を下りることを決心するが…。
ご予約・詳細

来月の上映

ウルフウォーカーポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『ウルフウォーカー』字幕版

2020年製作/103分/アイルランド・ルクセンブルク合作
中世アイルランドの町キルケニー。イングランドからオオカミ退治のためにやって来たハンターを父に持つ少女ロビンが、森のなかで友達になったのは”ウルフウォーカー”のメーヴだった。人間とオオカミがひとつの体に共存し、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもある彼女とロビンが交わした約束は、図らずも父を窮地に陥れるものだった。だが、ロビンは勇気を持って信じる道を進もうとする。
ご予約・詳細
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『道』

1954年製作/108分/イタリア
昨年生誕100年を迎えたイタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニの代表作。 旅回りの芸人たちの悲哀を描き、第29回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。貧しい家庭に生まれ育った知的障害の女性ジェルソミーナは、死んだ姉の代わりに大道芸人ザンパノのパートナーとして買われ、ともに旅回りに出る。粗暴で女好きなザンパノ。サーカス団の青年に励まされるジェルソミーナだったが……。
ご予約・詳細
「Ryuichi Sakamoto:CODA」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『Ryuichi Sakamoto:CODA』

2017年製作/102分/アメリカ・日本合作/ドキュメンタリー
日本が誇る世界的音楽家・坂本龍一の音楽と思想の旅を捉えたドキュメンタリー。 2012年から5年間にわたり密着取材を行ない、アーカイブ映像も織り交ぜながら坂本の音楽的探求をたどる。YMOの一員とて日本の音楽シーンを牽引した80年代をはじめ、米同時多発テロや東日本大震災後を経ての様々な活動、中咽頭ガンとの闘い、さらにオリジナルアルバム「async」の制作現場にも密着。
ご予約・詳細
「音響ハウス」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『音響ハウス Melody-Go-Round』

2019年製作/99分/日本/ドキュメンタリー
1970~80年代に勃興したシティ・ポップの総本山として再注目を集める銀座のレコーディングスタジオ「音響ハウス」にフォーカスしたドキュメンタリー。国内外のアーティストたちから愛され、数々の名曲・名盤が生み出されてきた。坂本龍一をはじめ、松任谷由実・正隆、佐野元春、デビッド・リー・ロスら多彩な顔ぶれのアーティストが、同スタジオとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語る。
ご予約・詳細
「ようこそ映画音響の世界へ」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『ようこそ 映画音響の世界へ』

2019年製作/94分/アメリカ/ドキュメンタリー
映画の感動を作り出す職人たちの知られざる仕事の秘密にスポットをあてる。1927年に初のトーキー映画「ジャズシンガー」が誕生して以来、 映画音響は今現在も常に進化の道を歩んでいる。本作では、著名で独創的な映画監督たちが映画の“音”へのこだわりや芸術性を語るほか、映画の“音”において大きな影響をもたらした名画を振り返り、映画音響の歴史に迫る。 ★日本の音の職人たちを描くドキュメント『音響ハウス』も一緒にぜひ!
ご予約・詳細
「ロング・ウエイ・ノース 地球のてっぺん」ポスター画像
2月19日(金)〜28日(日)*水曜休映

『ロング・ウエイ・ノース 地球のてっぺん』(吹替え版)

2015年製作/81分/フランス・デンマーク合作
19世紀ロシア、14歳の貴族の子女サーシャの大好きな祖父は1年前に北極航路の探検に出たきり行方不明となり、見つからずにいた。祖父と家族の名誉は失われ、祖父の名を冠する予定だった科学アカデミーの図書館も開館が危ぶまれていた。サーシャは祖父の居場所を突き止めるため、ひとり北極を目指し旅立つ。気高く勇敢な少女の躍動感あふれる冒険劇!
ご予約・詳細
「プリズン・サークル」ポスター画像
2月19日(金)〜28日(日)*水曜休映

『プリズン・サークル』

2019年製作/136分/日本/ドキュメンタリー
●1日2回上映!〜取材許可に6年、撮影2年。日本国内の刑務所に初めてカメラを入れたドキュメンタリー。受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促すプログラムを導入している日本で唯一の官民協働による刑務所。受刑者たちは自分の犯した罪だけではなく、幼い頃に経験した貧困、いじめ、虐待、差別などの記憶。痛み、悲しみ、恥辱や怒りといった感情に向き合い、それらを表現する言葉を獲得していく。
ご予約・詳細
「行き止まりの世界に生まれて」ポスター画像
2月19日(金)〜28日(日)*水曜休映

『行き止まりの世界に生まれて』

2018年製作/93分/アメリカ/ドキュメンタリー
閉塞感に満ちた小さな町で必死にもがく若者たちの12年間を描く傑作!「アメリカで最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビンの3人は、幼い頃から、貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいた。彼らにとって唯一の居場所、もう一つの家族だった。成長し映画監督になったビンのカメラは、明るく見える3人の悲惨な過去や葛藤、思わぬ一面を露わにしていくー。
ご予約・詳細

チュプキについて

チュプキはアイヌ語で「自然界の光」
誰もが楽しめる映画館です。

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、
車いすの人も、小さなお子様連れの人も、
だれもがいつでも安心して、
一緒に映画を楽しむことができる、
すべてのお客様を対象とした映画館、
それが、ユニバーサルシアターです。

劇場案内

劇場案内のイメージ画像

チケット料金やご入場に際するご注意、ユニバーサルシアターの特徴や、劇場設備、シアターレンタルについて。

詳しく見る

ワークショップ

ワークショップのイメージ画像

音声ガイド講習会ほか、映画にちなんださまざまなワークショップを不定期で開催しています。

詳しく見る

トピックス

トピックスのイメージ画像

メディア掲載、noto、過去のトークショーのログ、事業報告など、読みものを集めたページです。

詳しく見る

ショップ

ショップのイメージ画像

チュプキのオリジナルグッズや書籍・パンフレットなどが買えるお買い物ページです。

詳しく見る

地図・アクセス

地図画像
  • ● JR山手線・京浜東北線 田端駅北口を出て、右方向徒歩5分
  • ● 田端駅北口有人改札にて地図を配布しています。
階段とスロープが並行しています。下りきったところで右折し、
車道の下をくぐって信号のある横断歩道を渡ってください。

ご支援のお願い

日本で唯一の
ユニバーサルシアターとしての運営を継続し、
今後もっと広げていくために、
小さな映画館シネマ・チュプキ・タバタを
皆様に支えていただけましたら幸いです。
ご支援よろしくお願いします。

サポーター・クラブの会員になる

サポーター・クラブのイメージイラスト
個人サポーター年会費
3,000円/5,000円/10,000円
法人サポーター年会費
50,000円/100,000円
詳しく見る

寄付をする

寄付のイメージイラスト

一口10,000円~
ご希望の金額で
ご寄付をお願いします。

詳しく見る

物品のご購入でのご支援

物品ご購入のイメージイラスト

Chupki Online Shopにて、
映画の割引チケットや、
シネマチュプキのオリジナルグッズを
ご購入できます。

詳しく見る

SNSで最新情報をチェック

ご協力いただいた企業・団体