CINEMA Chupki TABATA

Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

今月の上映

今月のテーマ(名言)

子供は未来であり、回帰なのです。
子供は胎であり、海なのです。

リルケ (オーストリアの詩人・作家)

4月16日(金)〜4月30日(金)◉OPEN 9:30/水曜休

10:00〜11:52花のあとさき ムツばあさんの歩いた道
12:20〜14:01あこがれの空の下 教科書のない小学校の一年
14:30〜15:45アルプススタンドのはしの方
16:15〜17:49北の果ての小さな村で
18:20〜19:44アイヌモシㇼ
営業時間
9:30~20:00(休館日:毎週水曜)
花のあとさき ムツばあさんの歩いた道 ポスター画像
4月16日(金)〜30日(金) 10:00〜11:52 *水曜休映

『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』

2020年製作/112分/日本/ドキュメンタリー
秩父の山深く、暮らす人が年々いなくなる小さな村。そこ住む小林ムツさんは夫の公一さんとともに、畑を閉じ、代わりに花を植えてゆく。その数、1万本以上。「いつか人が山に戻ってきたとき、花が咲いていたらどんなにうれしかろう。」柔らかな笑顔でそう語るムツさん。でもやがて、つらい出来事が―。ムツさんの歩いた道を、美しい山里の四季とともにたどる、ドキュメンタリー。
ご予約・詳細
あこがれの空の下 教科書のない小学校の一年ポスター画像
4月1日(木)〜15日(木) 13:50〜15:31、 16日(金)〜30日(金) 12:20〜14:01 *水曜休映

『あこがれの空の下 ~教科書のない小学校の一年~』

2020年製作/101分/日本/ドキュメンタリー
何の変哲もない、ちいさな小学校。よくみると、広い校庭もない。チャイムも鳴らない。教科書も使わない。そのかわりに自由な発言の場や豊かな時間がある。それはよく考えてみると、「あたりまえ」のこと。本来の「あたりまえ」を大切にする小学校の1年間を記録したドキュメンタリー。◆毎週土日は上映後トークあり!
ご予約・詳細
アルプススタンドのはしの方
4月16日(金)〜30日(金) 14:30〜15:45 *水曜休映

『アルプススタンドのはしの方』

2020年製作/75分/日本
夏の甲子園一回戦。5回表になって演劇部の安田と田宮が応援にやってくる。ルールもわからない2人が座ったのは観客席の端っこ、アルプス席。元野球部の藤野と、成績上位の秀才宮下とともにそれなりに応援する4人。 それぞれの想いが交差し、先の読めない試合展開と共にいつしか熱を帯びていく……。一度もグラウンドが映らないのに、めっちゃアツい!
ご予約・詳細
北の果ての小さな村で ポスター画像
4月16日(金)〜30日(金) 16:15〜17:49 *水曜休映

『北の果ての小さな村で』

2018年製作/94分/フランス
世界一大きな島グリーンランドの、人口80人の村の小学校に赴任した、デンマークの新人教師アンダース。ある日、児童のアサーが祖父と犬ぞりで狩りの旅を理由に学校を一週間欠席する。学力を心配し、毎日学校に来させるよう祖母に伝えるが、「アサーの夢は猟師になること、人生に必要なことはすべて爺さんが教えるわ」と、アンダースの意見を受け入れない。それをきっかけにアンダースは、アサーのために何ができるのか考えはじめる…。1人の青年教師を通して知る、しなやかに力強く生きる哲学。
ご予約・詳細
アイヌモシリポスター画像
4月16日(金)〜30日(金) 18:20〜19:44 *水曜休映

『アイヌモシㇼ』

2020年製作/84分/日本・アメリカ・中国合作
アンコール!アイヌの血を引く少年の成長を通して現代に生きるアイヌ民族のリアルな姿をみずみずしく描き、第19回トライベッカ映画祭の国際コンペティション部門で審査員特別賞を受賞した人間ドラマ。自らもアイヌの血を引く下倉幹人が演技初挑戦にして主演を務め、アイデンティティに揺れる主人公カントを演じた。
ご予約・詳細

来月の上映

「喜劇 愛妻物語」ポスター画像
5月1日(土)~15日(土)10:00〜11:55 *水曜休/5日は上映

『喜劇 愛妻物語』

2019年製作/115分/日本
結婚して10年。売れない脚本家の豪太と、毒舌妻のチカ、幼い娘の三人が、シナリオ取材のため四国旅行へ。しかし豪太にはもうひとつの重大ミッションがあった。旅の間になんとしても、「セックスレスの妻とセックスする」という悲願を達成するのだ!笑えて、呆れて、呆れて、泣ける。ほぼ実録夫婦物語。
ご予約・詳細
電車を止めるな!ポスター画像
5月1日(土)~15日(土)12:20〜13:49 *水曜休/5日は上映

『電車を止めるな!のろいの6.4キロ』

2020年製作/84分/日本
銚子電鉄を止めるな。超C(銚子)級映画応援上映!廃線寸前の鉄道会社が企画した、起死回生の「心霊電車」企画。カメラを前に社員全員で必死に心霊現象を演出するが、視聴者からの厳しい書き込みで炎上していた。しかし、丑三つ時に本物の霊現象が起こり始める。電車は止まることなく走り続け、終着駅まであとわずか... 参加者、そして銚子電鉄の運命は───
ご予約・詳細
『私をくいとめて』ポスター画像
5月1日(土)~15日(土)14:20〜16:33、16日(日)~31日(月)12:50〜15:03 *水曜休/5日は上映

『私をくいとめて』

2020年製作/133分/日本
『勝手にふるえてろ』の原作・綿矢りさ&監督・大九明子が再タッグ!おひとりさまライフがすっかり板についた黒田みつ子、31歳。彼女の脳内には相談役「A」がいて、迷ったときは「A」がいつも正しいアンサーをくれる。「A」と一緒に平和な日常がずっと続くと思っていたそんなある日、みつ子は年下の営業マン 多田くんに恋をしてしまう。。。
ご予約・詳細
『もぎりさん』画像
5月1日(土)~15日(土)17:00〜17:30 *水曜休/5日は上映

『もぎりさん』全12話

2018~19年製作/30分/日本
キネカ大森の名画座上映の前に先付けされるショートムービー『もぎりさん』。歴史ある映画館キネカに通い詰めていた片桐はいりさん主演で、多くの監督スタッフとつくられた全12話を一挙上映!!映画と映画館と映画好きな人々の素敵な関係を描く、「街の小さな映画館が元気になるように!」との願いが込もった作品です。<チケット一律500円>
ご予約・詳細
『勝手にふるえてろ』ポスター。潤んだ瞳の主人公ヨシカ(松岡茉優)のアップ
5月1日(土)~15日(土)17:50〜19:47 *水曜休/5日は上映

『勝手にふるえてろ』

2017年製作/117分/日本
『私をくいとめて』の綿矢りさ原作&大九明子監督の初タッグ!24年間恋愛経験ゼロ、絶滅した生物が好きなOLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションがあがる。しかし、中学時代から同級生「イチ」への思いをいまだに引きずり続け、彼との「脳内恋愛」も進行中。やがてヨシカとイチの再会の日が訪れるが……。
ご予約・詳細
『陶王子 2万年の旅』ポスター。カップに注がれるお茶に浮かぶ陶器でできた少年。
5月16日(日)~31日(月)10:30〜12:20 *水曜休

『陶王子 2万年の旅』

2021年製作/110分/日本・中国/4K撮影/ドキュメンタリー
これは一杯の「器」の向こうにある2万年の物語。より硬く、より便利に、美しく― 。私たち人間の果てしない探求心を追いながら、カメラは青森、中国、メソポタミアから西洋のマイセン、セーヴルへ、更には宇宙に飛んでいく。陶磁器でできた”陶王子”の夢物語に誘われて、縄文時代から現代、西欧から東欧、宇宙を辿る、人類2万年の旅。
ご予約・詳細
『トキワ荘の青春』“漫画の神様”手塚治虫、藤子・F・不二雄、安孫子素雄、石森章太郎、赤塚不二夫、つげ義春。実在した漫画家をコミカルに演じた役者たちがカメラに笑顔を向ける。本木雅弘、大森嘉之、古田新太、生瀬勝久、鈴木卓爾、阿部サダヲ、原一男、北村想
5月16日(日)~31日(月)15:30〜17:20 *水曜休

『トキワ荘の青春』 デジタルリマスター版

1995年製作/110分/日本
1950年代、四畳半の木造アパート「トキワ荘」で過ごした漫画家たちの青春の日々。 食べるものにも事欠く毎日ながら、漫画に賭ける情熱だけは誰にも負けなかった。そんな彼らを包む、時代の激しい変化とゆっくりとした青春の終わり。名匠市川準による1995年製作の珠玉の青春映画が、懐かしき昭和の空気感そのままにデジタルリマスターでよみがえる。
ご予約・詳細
『佐々木、イン、マイマイン』ポスター。部屋に横たわる男を見つめ、タバコをくゆらす悠二。
5月16日(日)~31日(月)17:50〜19:49 *水曜休

『佐々木、イン、マイマイン』

2020年製作/119分/日本
俳優になるために上京したものの、鳴かず飛ばずの日々を送る27歳の悠二。彼はある日、高校時代に圧倒的な存在感を放っていた同級生・佐々木と仲間たちとの日々を思い起こす。常に周りを巻き込みながら、爆発的な生命力で周囲を魅了していく佐々木。誰の心の中にもいる“ヒーロー”との愛おしい時間をひりひりと描く、20年代の青春映画。
ご予約・詳細

チュプキについて

チュプキはアイヌ語で「自然界の光」
誰もが楽しめる映画館です。

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、
車いすの人も、小さなお子様連れの人も、
だれもがいつでも安心して、
一緒に映画を楽しむことができる、
すべてのお客様を対象とした映画館、
それが、ユニバーサルシアターです。

劇場案内

劇場案内のイメージ画像

チケット料金やご入場に際するご注意、ユニバーサルシアターの特徴や、劇場設備、シアターレンタルについて。

詳しく見る

ワークショップ

ワークショップのイメージ画像

音声ガイド講習会ほか、映画にちなんださまざまなワークショップを不定期で開催しています。

詳しく見る

トピックス

トピックスのイメージ画像

メディア掲載、noto、過去のトークショーのログ、事業報告など、読みものを集めたページです。

詳しく見る

ショップ

ショップのイメージ画像

チュプキのオリジナルグッズや書籍・パンフレットなどが買えるお買い物ページです。

詳しく見る

地図・アクセス

地図画像
  • ● JR山手線・京浜東北線 田端駅北口を出て、右方向徒歩5分
  • ● 田端駅北口有人改札にて地図を配布しています。
階段とスロープが並行しています。下りきったところで右折し、
車道の下をくぐって信号のある横断歩道を渡ってください。

ご支援のお願い

日本で唯一の
ユニバーサルシアターとしての運営を継続し、
今後もっと広げていくために、
小さな映画館シネマ・チュプキ・タバタを
皆様に支えていただけましたら幸いです。
ご支援よろしくお願いします。

サポーター・クラブの会員になる

サポーター・クラブのイメージイラスト
個人サポーター年会費
3,000円/5,000円/10,000円
法人サポーター年会費
50,000円/100,000円
詳しく見る

寄付をする

寄付のイメージイラスト

一口10,000円~
ご希望の金額で
ご寄付をお願いします。

詳しく見る

物品のご購入でのご支援

物品ご購入のイメージイラスト

Chupki Online Shopにて、
映画の割引チケットや、
シネマチュプキのオリジナルグッズを
ご購入できます。

詳しく見る

ご協力いただいた企業・団体