Facebookアイコン Twitterアイコン YouTubeアイコン Instagramアイコン Noteアイコン

過去のアーカイブ

年月を選択いただくと、選択した年月の上映作品が表示されます。

『梅切らぬバカ』ポスター画像
4月16日(土)~30日(土) 10:30〜11:47 *水曜、4月19日(火)休み

『梅切らぬバカ』アンコール上映!

(2021年製作/77分/日本)
「あなたがいてくれて、母さんは幸せだよ」 都会の古民家でささやかな毎日を送る母・珠子(加賀まりこ)と、自閉症を抱える息子・忠男(塚地武雅)。息子が50回目の誕生日を迎えた時に母はふと気づく。「このまま共倒れになっちゃうのかね?」グループホームの案内を受けた珠子は悩んだ末に忠男の入居を決めるが、忠男は環境の変化に戸惑い、ホームを抜け出してしまうー。母子が社会の中で生きていく様を温かく誠実に描く。
詳細ページ
4月1日(金)~15日(金) 10:30〜12:12 *水曜休

『ぼけますから、よろしくお願いします。』

(2018年製作/102分/日本/ドキュメンタリー)
母、87歳、認知症。 父、95歳、初めての家事〜 広島県呉市で生まれ育った「私」(監督・信友直子)は、ドキュメンタリー制作に携わるテレビディレクター。大学進学のために上京して以来、40年近く東京暮らしを続けているが、帰る折、父と母の記録を撮り始めー。娘である「私」の視点から、認知症の患者を抱えた家族の内側を丹念に描いたドキュメンタリー。
詳細ページ
4月1日(金)~15日(金) 16:40〜18:28 *水曜休

『屋根の上に吹く風は』

(2021年製作/108分/日本/ドキュメンタリー)
<この学校は、冒険に満ちている。>授業も、テストも、クラスもない、鳥取県の山あいにある新田サドベリースクール。子どもたちの主体性を最大限尊重し、遊びも生き方も、自分で考え、自分で決め、生活のなかで学びを生み出すことを目標に運営されている。そこから浮かび上がる「自由ってなんだろう?」「私たちの未来ってどんなだろう?」——それは、私たちの未来につながる話でもありました。子どもと大人の自由と葛藤の1年を追ったドキュメンタリー。
詳細ページ
4月1日(金)~15日(金) 12:30〜14:11 4月16日(土)~30日(土) 14:50〜16:31 *水曜休

『ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~』

(2022年製作/101分/日本/ドキュメンタリー)
『ぼけますから、よろしくお願いします。』公開から4年。待望の続編!2018年。父は家事全般を取り仕切れるまでになり日々奮闘しているが、母の認知症はさらに進行し、ついに脳梗塞を発症、入院生活が始まる。父は母を励まし続け、いつか帰ってくるときのためにと98歳にして筋トレを始める。そんな中、2020年3月に新型コロナの感染が世界的に拡大。面会すら困難な状況が訪れるが、決してあきらめず奮闘する父の姿があったー
詳細ページ
4月16日(土)~30日(土) 17:00〜18:31 *水曜休

『人生フルーツ』

(2016年製作/91分/日本/ドキュメンタリー)
雑木林に囲まれた一軒の平屋。自身が設計を任されたニュータウンの一隅に50年間暮らす建築家夫婦のドキュメンタリー。90歳の夫・修一さんと、87歳の妻・英子さん。敷地内で野菜や果物を育て、料理や刺繍、機織りまで何でもこなす英子さん。敗戦から高度成長期を経て、現在に至るまで。夫婦の生活から、日本人があきらめてしまった、本当の豊かさを見つめなおす。こつこつ、ゆっくり。「人生フルーツ」がチュプキに帰ってきました!
詳細ページ
4月16日(土)~30日(土) 18:50〜20:43 *水曜休

『くじらびと』アンコール上映!

(2021年製作/113分/PG12/日本/ドキュメンタリー)
「自然とともに生き、命に感謝し、祈りを捧げるーーSDGsの本質がここにある。」 ガスも水道もなく作物が育たないインドネシア・ラマレラ村を、太古さながらのクジラ漁が支えている。命を賭けてモリ一本で巨大なマッコウクジラに挑む壮絶な狩りの背景には、400年に渡り命を繋いできた鯨と人間の魂の物語があった。“生きること”の本質に触れるドキュメンタリー映画。
詳細ページ
◆追加上映!4月20日(水)①13:00〜 ②15:00〜 ③17:00〜

『夢みる小学校』

(2021年製作/91分/日本/ドキュメンタリー)
おとなも子どもも、 こんな学校に行きたかった!「自分のままでいいんだよ。」ひとりひとりの個性を大切にした子どもファーストな日本の3つの学校を茂木健一郎(脳科学者)や尾木直樹(教育評論家)の話も交えて紹介。宿題、テストがなく、「先生」もいない学校。公立学校では、60年間成績通知表や時間割りがない小学校。校則、定期テストをやめた中学。私立だけじゃない。実は、あなたの町の小学校でも「夢みる小学校」は実現できる!わくわくの”ミライの教育ドキュメンタリー”。
詳細ページ
『プリズン・サークル』ポスター画像
◆追加上映!4月27日(水)①11:00〜②13:45〜③16:30〜④19:15〜

『プリズン・サークル』

(2019年/日本/136分/ドキュメンタリー)
書籍「プリズン・サークル」が3月24日刊行記念アンコール上映!取材許可に6年、撮影2年。日本国内の刑務所に初めてカメラを入れたドキュメンタリー。受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促すプログラム「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」を導入している日本で唯一の刑務所を舞台に、窃盗や詐欺、強盗傷人、傷害致死などで服役する4人の若者たちが、プログラムを通じて新たな価値観や生き方を身につけていく姿を克明に描きだす。
詳細ページ
「きこえなかったあの日」ポスター画像
3月1日(火)~15日(火) 10:30~12:26 *水曜休

『きこえなかったあの日』アンコール上映

2021年製作/116分/日本
「東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、新型コロナウイルスの流行ー 耳のきこえない人たちと災害、10年の記録。」 生まれつきのろう者であり、聴覚障がい者やマイノリティとされる人々のドキュメンタリーを近年次々と発表している今村彩子監督が激動の「今」を捉えた本作。「耳のきこえない人たちが置かれている状況を知ってほしい」という痛切な思いが描かれている。
詳細ページ
『二重のまち / 交代地のうたを編む』ポスター画像
3月1日(火)~15日(火) 13:00~14:19 *水曜休

『二重のまち / 交代地のうたを編む』

2019年製作/79分/日本
「かつてのまちの上に あたらしい街がつくられた そこへ、四人の旅人がやってくる 小さな〈継承〉の はじまり、はじまり」 2018年、4人の若い旅人が陸前高田を拠点とするワークショップに集まる。土地の風景のなかに身を置き、人びとの声に耳を傾け、対話を重ね、物語『二重のまち』を朗読し、過去、現在、未来を架橋していくまでを克明かつ繊細に写しとったドキュメンタリー。
詳細ページ
『香川1区』ポスター画像
3/1火~15火 14:50〜17:26 3/17木~31木 12:50〜15:26 *水曜休

『香川1区』

2021年製作/156分/日本
総選挙2021、そこで何が起きていたのか。 前代未聞の“政治参加型”ドキュメンタリー! 『なぜ君は総理大臣になれないのか』公開から1年半、その続編的位置付けとして、全国最注目といわれた「香川1区」の選挙戦を与野党両陣営、各々の有権者の視点から描く。「一人ひとりの民主主義」とは?日本政治の未来を考える一作。
詳細ページ
『ジョゼと虎と魚たち』ポスター画像
3/1(火)〜3/15(火) 18:10~19:48 *水曜休

『ジョゼと虎と魚たち』延長上映!!

2020年製作/98分/日本
「その”恋”は、世界の輝きを教えてくれたー」 瑞々しく真っすぐな純愛の中、お互いと自分自身を知り前に進んでいく姿が描かれる田辺聖子の名編。 アニメーションだからこそ描き出せる、リアルにしてイマジネーションに満ち満ちた日常の輝き、恋愛のときめき、人生のきらめき。 誰もがきっと、ジョゼで恒夫。誰かと出会い、触れ合い知る、新しい自分と世界。◆画家・絵本作家の松田奈那子さんが映画によせた劇中画の原画の一部を、ロビーと親子鑑賞室で観ることができます。
詳細ページ