Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

<企画上映>『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』9月2日、9日、16日

『えんとこの歌  寝たきり歌人・遠藤滋』
(2019/96分/日本/ドキュメンタリー)
※日本語字幕・音声ガイドあり

<上映日時>
9月2日(水)15:10〜16:46
9月9日(水)13:00〜14:36
9月16日(水)10:30〜12:06 ←上映後、伊勢監督による舞台挨拶あり


新型コロナウイルス対策として、座席は間隔をあけてご利用いただき、
席数は11席とさせていただきます。最後列3席は木製のチェアーとなります )
ご来館の前に下記のリンクから、当館のウイルス対策についてご一読をお願いいたします。

https://chupki.jpn.org/archives/5862

 

<『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』>

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\伊勢真一監督バリアフリー作品特集上映/

伊勢真一監督のヒューマンドキュメンタリー映画からバリアフリー作品3本と、
伊勢監督のトークをたっぷりとお楽しみいただける企画上映です。

伊勢監督が「ケア」をテーマに取り組んできたドキュメンタリーの近作、
3作品をバリアフリー版(ユニバーサル上映)で一挙上映します!

〈上映作品〉
『妻の病 —レビー小体型認知症—』
『やさしくなあに 〜奈緒ちゃんと家族の35年〜』
『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤 滋』

視覚・聴覚障がいの方々にはもちろんですが、
障がいの有無にかかわらず、ぜひ観に来てもらい、
共に生きる・・・という思いを深めていただければ嬉しいです。

(かんとく・いせしんいち)


第74回毎日映画コンクール ドキュメンタリー部門 <ドキュメンタリー映画賞>を受賞!
ベッドの上で歌が生まれる
「えんとこ」は、遠藤滋のいるところであり、縁のあるところ。いのちを生かし合う居場所のこと。
 
寝たきり歌人、遠藤滋。脳性マヒで寝たきり生活を強いられながら、自ら介助者のネットワーク「えんとこ」を組織し、介助の若者たちの力を借りて自立生活を続けている。 東京・世田谷のアパートのベッドの上から、社会や自分自身を凝視するその眼差しで、50代から短歌を詠み始める。
ときに進行する障がいの苦しみが歌われ、ときに70歳を越えて生き生きと人生を謳歌する悦びを歌う。
《何といふ 偶然なるや 現世に 仮死に産まれて 息吹き返すとは》
 
監督は、遠藤滋と学生時代からの友人である伊勢真一。1999年にも遠藤滋の日々を追ったドキュメンタリー「えんとこ」を製作、公開。25年に及ぶ長い期間、遠藤滋と若者たちが交流する「えんとこ」での撮影を続けてきた。
 
監督:伊勢真一
撮影:石倉隆二、 宮田八郎、安井洋一郎
録音:永峯康弘、 井上久美子

音響構成:米山靖
編集:尾尻弘一
テーマ曲:「不屈の民」 編曲: 横内丙午 、
演奏:谷ぐち順、 菅原雄大、 藤原亮
短歌朗読:友部正人

出演:遠藤滋

えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤滋』 公式サイト https://www.isefilm.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります(キャッシュレス決済準備中)
※トークのある回は、12チケット、サポーター会員割引はご利用いただけません。
※各作品ごとに予約ページがあります。

 

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ https://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

 

ご予約はこちら

同じ月の上映作品

第23回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 受賞作品上映会(一部 ユニバーサル上映)

詳細ページ
わたしは、ダニエル・ブレイク
9月1日(火)〜25日(金)

わたしは、ダニエル・ブレイク

(2016年製作/100分/イギリス・フランス・ベルギー合作)
ダニエルが教えてくれたこと— 隣の誰かを助けるだけで、人生は変えられる。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる。
詳細ページ
家族を想うとき
9月1日(火)〜25日(金)

家族を想うとき

(2019/100分/イギリス・フランス・ベルギー合作)
子供たちの望む幸せはただ一つ。  毎日抱きしめて。 家族の幸せとは何か。ケン・ローチ監督が描く、美しくも力強い家族の絆の物語。
詳細ページ
なぜ君は総理大臣になれないのか
9月1日(火)〜25日(金)

なぜ君は総理大臣になれないのか

(2020年製作/119分/日本/ドキュメンタリー)
「ただ社会をよくしたい」立志、希望、挫折…愚直な政治家の17年。監督・大島新の目に映ったのは日本政治の希望か絶望か。 一人の政治家の苦悩と挫折のドキュメンタリー。
詳細ページ