Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

<企画上映>『妻の病 –レビー小体型認知症–』9月2日、9日、16日

ポスター画像

『妻の病 –レビー小体型認知症–』
(2014/87分/日本/ドキュメンタリー)
※日本語字幕・音声ガイドあり

<上映日時>
9月2日(水)13:20〜14:47
9月9日(水)10:30〜11:57 ←上映後 伊勢真一監督トークショー
9月16日(水)15:10〜16:37


新型コロナウイルス対策として、座席は間隔をあけてご利用いただき、
席数は11席とさせていただきます。最後列3席は木製のチェアーとなります )
ご来館の前に下記のリンクから、当館のウイルス対策についてご一読をお願いいたします。

https://chupki.jpn.org/archives/5862

<『妻の病 —レビー小体型認知症—』>

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\伊勢真一監督バリアフリー作品特集上映/

伊勢真一監督のヒューマンドキュメンタリー映画からバリアフリー作品3本と、
伊勢監督のトークをたっぷりとお楽しみいただける企画上映です。

伊勢監督が「ケア」をテーマに取り組んできたドキュメンタリーの近作、
3作品をバリアフリー版(ユニバーサル上映)で一挙上映します!

〈上映作品〉
『妻の病 —レビー小体型認知症—』
『やさしくなあに 〜奈緒ちゃんと家族の35年〜』
『えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤 滋』

視覚・聴覚障がいの方々にはもちろんですが、
障がいの有無にかかわらず、ぜひ観に来てもらい、
共に生きる・・・という思いを深めていただければ嬉しいです。

(かんとく・いせしんいち)

 


愛する人が認知症になったとき、
あるいは自分が認知症になったとき、一体何が大切なのか
高知県南国市の小児科医・石本浩市医師と認知症の妻・弥生さんの10年間におよぶ闘病の日々と夫婦の深い絆をとらえたドキュメンタリー。2004年に統合失調症と診断された弥生さんは、その3年後に今なお正確な情報が少ない「認知症」のひとつ、 若年性のレビー小体型認知症であることが判明する。それ以来、石本医師は医師ならではの観察眼で妻の日常を詳細に記録し続けてきた。小児がんについてのドキュメンタリー「風のかたち」で石本医師と出会った伊勢真一監督が、家族や地域の人々に支えられながら深い愛情を持って弥生さんをケアする石本医師の姿を温かい眼差しで映し出し、手を取り合いながら一歩一歩を大切に生きていく夫婦の姿を通して、愛する人や自分が認知症になった時に何が大切なのか、一人一人に深い問いをを投げかける 。
監督:伊勢真一
出演:石本浩市 石本弥生 石川真理  南国市・香南市・香美市のみなさん
題字:細谷亮太
撮影:石倉隆二
音響:米山靖
録音:渡辺丈彦
照明:工藤和雄
編集技術:尾尻弘一
整音助手:井上久美子
バンドネオン:大久保かおり/コントラバス:カイドー ユタカ
音楽協力:横内丙午

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります(キャッシュレス決済準備中)
※トークのある回は、12チケット、サポーター会員割引はご利用いただけません。
※各作品ごとに予約ページがあります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ https://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

 

ご予約はこちら

同じ月の上映作品

第23回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 受賞作品上映会(一部 ユニバーサル上映)

詳細ページ

\10月の上映作品のお知らせ/

詳細ページ
10月1日(木)〜16日(金) *水曜休映

彼らが本気で編むときは、

(2017年製作/127分/日本)
優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコと彼女の心の美しさに惹かれた恋人のマキオ。愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せてを見つけるまでの心温まる60日
詳細ページ
10月1日(木)〜16日(金) *水曜休映

カランコエの花

(2016年製作/39分/日本)
とある高校2年生のクラス。「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」生徒らの日常に広がる波紋・・・思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは・・・? 第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭グランプリ受賞作品
詳細ページ