Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

フツーの仕事がしたい

『フツーの仕事がしたい』
《皆倉信和さん追悼上映》
(2008/70分/日本/ドキュメンタリー)
※日本語字幕・音声ガイドあり

<上映日時>
9月17日(木)〜25日(金) 19:50〜21:00 <水曜定休>
9月19、20、21、22日上映後、土屋トカチ監督によるトークショー開催(予定)


新型コロナウイルス対策として、座席は間隔をあけてご利用いただき、
席数は11席とさせていただきます。最後列3席は木製のチェアーとなります )
ご来館の前に下記のリンクから、当館のウイルス対策についてご一読をお願いいたします
https://chupki.jpn.org/archives/5862

 

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「フツーの仕事がしたい」
21世紀に甦る、リアル「蟹工船」。
 
厳しすぎる労働条件に限界を感じて労働組合に助けを求めた男性が“フツーの仕事”を手に入れるまでの闘いを追い、現代社会の闇を浮き彫りにしたドキュメンタリー。1カ月の労働時間は最長552時間にもなり、家に帰れない日々が続き、心体ともにボロボロな状態。その一方で賃金が引き下げられるという過酷な労働状況に身を置くセメント輸送運転手の皆倉信和は、すがるような気持ちで労働組合に加入する。そんな彼を待ち受けていたのは、組合脱退を求める会社からの執拗な脅迫だった。
撮影・編集・監督・ナレーション:土屋トカチ
出演:皆倉信和
取材協力:全日本建設運輸連帯労働組合、皆倉タエ、皆倉光弘
ナレーション:申嘉美
音楽:マーガレットズロース「ここでうたえ」 (アルバム「DODODO」より オッフォンレコード)
制作:白浜台映像事務所/映像グループローポジション

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります(キャッシュレス決済準備中)
※トークショーがある場合は、12チケット、会員割引はご利用いただけません。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ https://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

 

ご予約はこちら

同じ月の上映作品

第23回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 受賞作品上映会(一部 ユニバーサル上映)

詳細ページ
作品のポスターとイベントタイトル名画像

9月25日18時〜開催!オンラインでゆるっと話そう『なぜ君は総理大臣になれないのか』

詳細ページ
わたしは、ダニエル・ブレイク
9月1日(火)〜25日(金)

わたしは、ダニエル・ブレイク

(2016年製作/100分/イギリス・フランス・ベルギー合作)
ダニエルが教えてくれたこと— 隣の誰かを助けるだけで、人生は変えられる。イギリスの複雑な制度に振り回され、貧困という現実に直面しながらも助け合って生きる人びとの姿が描かれる。
詳細ページ
家族を想うとき
9月1日(火)〜25日(金)

家族を想うとき

(2019/100分/イギリス・フランス・ベルギー合作)
子供たちの望む幸せはただ一つ。  毎日抱きしめて。 家族の幸せとは何か。ケン・ローチ監督が描く、美しくも力強い家族の絆の物語。
詳細ページ