Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

『いまは むかし 父・ジャワ・幻のフィルム』

10月1日(金)~15日(金) 12:30~13:58<水曜休>
10月6日、13日、20日(水) ①10:30~11:58 / ②16:10~17:38

(2021年製作/88分/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり

★10月6日、13日、20日(水) 「いせフィルム」特集上映を開催しました!
伊勢真一監督最新作『いまは むかし 父・ジャワ・幻のフィルム』公開を記念した「いせフィルム」特集上映。
伊勢真一監督の父・伊勢長之助監督の遺作
『森と人の対話』
伊勢真一監督が 、父代わりのような存在・名カメラマン瀬川順一を映した
『ルーペ カメラマン瀬川順一の眼』
父から子へと紡がれる最新作に併せ、こちらの2本をラインナップに加えた特別上映です。

日本・インドネシア・オランダー
亡き父を想う旅で辿り着いた”戦争”の真実。
戦時、日本はアジア各地を占領し植民地解放を謳った。 記録映画編集者・伊勢長之助(1912~1973)は、「文化戦線」の一員としてインドネシアに渡り、大東亜共栄圏という名目でプロパガンダ映画を創った。
長之助の長男・
伊勢真一(ドキュメンタリー映像作家)は、父たちがどんな思いで国策映画を手がけたのかを知るために、30年ほど前から取材を始める。父の足跡と父たちが創った”幻のフィルム”の行方を追う長い旅。 やがて、その旅に伊勢真一の長男・伊勢朋矢(ディレクター)、長女・伊勢佳世(俳優)も参加する。
父から子へ、そして孫へ、時代の記憶が手渡されていく。
オランダで発見されたその国策映画は、およそ130本。 日本未公開の貴重なフィルムである(『隣組』『東亜のよい子供』『防衛義勇軍』『ロームシャ』『マラリア撲滅』等)。
 
 
 
語られなかった声に、耳を澄ませてみたい。
父をいとおしむ気持ちを込めながら、あの戦争の時代の「真実」を描くドキュメンタリーは可能だろうか
私が三歳の頃、父は家を出た。
ちょうどその頃の写真が手元にある。私が父と写っている、たった一枚の写真…

真一」という、ちょっと、気恥ずかしい私の名前は、戦時中、ジャワ(インドネシア)で国策映画を創っていた父が、もう二度と戦争をしてはならない、という思いで名付けたもののような気がしている。写真の中の幼い私が、じっと今の私を見つめている。
「いまは むかし むかしは いま」記録というよりも、記憶。
語られなかったその声に、耳を澄ませてみたい。
そうして記憶に触れてみたい。

父をいとおしむ気持ちを込めながら、あの戦争の時代の「

真実」を描くドキュメンタリーは可能だろうか…
(かんとく・伊勢真一)

 
監督:伊勢真一
公式HP:
https://www.isefilm.com

同じ月の上映作品

10/29(金)20時!オンラインイベント『パンケーキを毒見する』でゆるっと話そう

詳細ページ
『緑の牢獄』ポスター画像
10月1日(金)~15日(金) 10:30~12:11 *9、10日は10:15〜 *水曜休

『緑の牢獄』

2021年製作/101分/日本・台湾・フランス合作/ドキュメンタリー
秘境の島、忘却の炭鉱 越境者はなぜ この地にとどまったのか」 秘境・西表島に巨大な炭鉱があった。90歳の老女・橋間良子は10歳で台湾からこの島に移り、今ではたった一人で誰もいない家を守る。眠れない夜には、島を出た子、炭鉱の暗い過去、父、忘れられない記憶が彼女を襲う。 希望、怒り、不安、後悔。人生最期に放つ静かな輝きが凝縮された、沖縄を拠点とする黄インイク渾身の一作。
詳細ページ
『海辺の彼女たち』ポスター画像
◆追加上映!10月17日(日)〜22日(金) 19:50〜21:18、23日(土) 20:30〜21:58 *水曜休 

『海辺の彼女たち』

2020年製作/88分/日本・ベトナム合作
「生きていく。この世界でー」 世界第4位の移民大国・日本。技能実習生の2人の若きベトナム人女性がある夜、脱走を図った。やがては不法滞在となる身に突きつけられたのは不条理な世界。本作は移民問題を描いてきた藤元監督が実際に技能実習生から受け取ったSOSメールから着想された。国境を越え出稼ぎに来た女性たちの覚悟と生き様の物語。※本作のみ、翻訳字幕・英語字幕となります。
詳細ページ
『パンケーキを毒味する』ポスター画像
10月1日(金)~15日(金) 19:10〜20:54 10月16日(土)~31日(日) 10:30~12:14 *水曜休

『パンケーキを毒見する』

2021年製作/104分/日本/ドキュメンタリー
「あなたも毒見してみませんか?パンケーキ政権の甘い罠」 たたき上げ?権力志向?勝負師?菅首相の素顔(スガオ)に迫る!『新聞記者』『i-新聞記者ドキュメント-』のスターサンズが、満を持して製作。政界・メディア人へのインタビュー、ブラックユーモアや風刺アニメを交えて、菅政権ひいては日本の「変なところ」を考える、かつてない政治バラエティ映画。
詳細ページ