Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

『へんしんっ!』

6月19日(土)〜29日(火) ①15:00〜16:34 ②19:25~20:59<水曜休>
7月1日(木)〜13日(火) ①10:00〜11:34  ②14:10~15:44 <水曜休>
(2020年製作/94分/日本/ドキュメンタリー)※日本語字幕・音声ガイドあり

★6月19日(土) 初日!15:00~の回上映後!!   石田智哉監督舞台挨拶!(手話通訳付)
★6月27日(日)19:25〜の回上映後!!
美月めぐみさん・鈴木橙輔さん(バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり)舞台挨拶!
★7月11日(日)  14:10~の回終映後!!!
砂連尾理さん (振付家、ダンサー、立教大学現代心理学部・映像身体学科特任教授 )
★7月13日(火) 最終日!14:10~の回上映後!!  石田智哉監督オンライン舞台挨拶!
体とからだ、人とひと。ちがうをつなぐ、こころとは。
さまざまな「ちがい」を架橋するひとたち 電動車椅子を使って生活する石田智哉監督は、「しょうがい者の表現活動の可能性」を探ろうと取材をはじめた。
演劇や朗読で活躍する全盲の俳優・美月めぐみさん、ろう者の通訳の育成にも力を入れているパフォーマーの佐沢静枝さん。多様な「ちがい」を橋渡しするひとたちを訪ねる。
石田と撮影、録音スタッフの3人で始まった映画制作。
あるとき石田は「対人関係でちょっと引いちゃうんです。映画でも一方的に指示する暴君にはなりたくないと思っていて…」と他のスタッフに打ち明けた。対話を重ねながら、映画のつくり方も変化していく。
とまどい、揺れながら、変わりつづけるその先に――
石田自身の心と体にも大きな転機が訪れる。振付家でダンサーの砂連尾理さんは、「しょうがい」を「コンテクストが違う身体」という言葉で表現した。「車椅子を降りた石田くんがどんなふうに動くのかを見てみたい」。そう誘われて、石田もパフォーマーとして舞台に立つことに。
それは多様な動きが交差するダンスという関係性の網の目にみずからをあずける体験でもあった。
とまどい、揺れながら、またあらたな表現の可能性が拓かれていく。

映画のプロが激賞する あたらしいドキュメンタリーの誕生 完成した映画は、第42回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2020」グランプリに輝いた。審査に関わった映画のプロたちが「とにかく興奮した」「映画をつくる楽しみが、画面全体から伝わってきた」と激賞した。映画の登場人物たちが迎える大団円を見つめる私たちは、スクリーンから溢れ出す表現する歓びに震え、知らぬ間に「へんしん」してしまった自分自身に、心の底から驚くだろう。

 

シネマ・チュプキ・タバタでは、音声ガイドは各座席のコントローラーにイヤホンをさしてお聞きいただけます。 (オープン上映ではありません)イヤホンは貸し出しもしております。

監督・企画:石田智哉
プロデューサー:藤原里歩
出演:石田智哉、砂連尾理、佐沢静枝、美月めぐみ、鈴木橙輔、 他
配給:東風
公式HP:https://henshin-film.jp/

同じ月の上映作品

『ラプソディ オブ colors』ポスター画像
6月19日(土)~29日(火) 17:05~18:53 7月1日(木)~13日(火) 11:50~13:38 *水曜休

『ラプソディ オブ colors』

2020年製作/108分/日本/ドキュメンタリー
西蒲田にあるバリアフリー社会人サークルcolors。月に10本も開かれる障害者と健常者が一緒に楽しむイベントは、学習会から素人寄席、僧侶の講話会、占い、オープンマイクと様々。《場》に集う《人々》からは様々な《生》がほとばしる。しかしあることをきっかけに映画は「障害を描くドキュメンタリー」から次第に逸脱し、意外な方向へ……タクシー運転手でもある佐藤隆之監督が描く「人間まるだし」の狂騒曲!★監督・ゲストトーク多数あり!
詳細ページ
『返還公証人』ポスター画像
7月1日(木)~13日(火) 16:15~17:55 *水曜休

『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』

2018年製作/100分/日本
1972年5月15日、沖縄返還の舞台裏で何が起きていたのか。 沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。アメリカの理不尽な圧政に怒り、沖縄の現状に泣き、激しい外交交渉を重ねた。立ちはだかる本土の思惑に挫折しかけながらも、妻に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは―。主人公の千葉を演じるのは井浦新。戸田菜穂、尾美としのり、佐野史郎、大杉漣、石橋蓮司といった名優たちが脇を固める。★7/3、4上映後、柳川監督トークあり!
詳細ページ
『カタブイ 沖縄に生きる』ポスター画像
7月1日(木)〜13日(火) 18:30〜19:50 *水曜休

『カタブイ 沖縄に生きる』

2015年製作/80分/スイス・日本合作/ドキュメンタリー
音楽・空手・琉球舞踊・町おこし… 様々な角度から見えてくる沖縄のアイデンティティ。 スペイン系スイス人の映像作家で写真家のダニエル・ロペスによる、沖縄の今昔を映し出したドキュメンタリー。 監督自身の「なぜ沖縄に惹かれるのか」という問いを、音楽や空手、琉球舞踏や町おこしなどに関わる、さまざまな人物の言葉を通して沖縄のアイデンティティを探っていくことで、答えを見つけていく。
詳細ページ
『えんとつ町のプペル』ポスター
7月15日(木)〜31日(土) ①10:30〜12:10 / ②16:35〜18:15 *水曜休

『えんとつ町のプペル』

2020年/100分/日本/アニメーション
「信じて、信じて、世界を変えろ。」厚い煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしない“えんとつ町”。一年前、この町でただ一人、紙芝居で“星”を語っていたブルーノが突然消える。その息子・ルビッチは、父の教えを守り“星”を信じ続けていたが後ろ指をさされ、ひとりぼっちに。しかしハロウィンの夜、彼の前に奇跡が起きた。ゴミから生まれたプペルが現れ、のけもの同士、二人は友達に。ルビッチは、プペルと「星を見つけに行こう」と決意し大冒険に出る。もう一歩踏み出したいすべての人に贈る冒険物語。製作総指揮・原作・脚本はキングコング西野亮廣。自ら製作総指揮・脚本を手がけ、絵本では描かれなかったえんとつ町の“本当の物語”を描き出す。アニメーション制作は「海獣の子供」のSTUDIO4℃。声の出演は 「海獣の子供」に続き芦田愛菜、窪田正孝。
詳細ページ