Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

『茜色に焼かれる』

10月1日(金)~15日(金) 16:30〜18:54<水曜休み>
10月16日(土)~31日(日) 14:50〜17:14
<水曜、23(土)休み>
2021年/144分/R15+/日本)※日本語字幕・音声ガイドあり
※10/23(土)は休映いたします。
10月16日14時50分の回上映後 、
石井裕也監督に舞台挨拶をいただきました!!!
悪い冗談みたいなことばかり起きるこの世界で
母ちゃんも、僕も、生きて、生きる。
7年前、理不尽な交通事故で夫・父を亡くした母子。母の名前は田中良子。彼女は演劇に傾倒しており、お芝居が上手だ。中学生の息子・純平をひとりで育て、夫への賠償金は受け取らず、施設に入院している義父の面倒もみている。 経営していたカフェはコロナ禍で破綻。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっている。数年振りに会った同級生にはふられた。
哀しみと怒りを心に秘めながらも、わが子への溢れんばかりの愛を抱えて気丈に振る舞う母。その母を気遣って日々の屈辱を耐え過ごす中学生の息子。もがきながらも懸命に生きようとする二人は美しい。
社会的弱者一 それがなんだというのだ。そう、この全てが良子の人生を熱くしていくのだからー。
はたして、彼女たちが最後の最後まで絶対に手放さなかったものとは?
 
この世界には、誰のためにあるのか分からないルールと、悪い冗談みたいなことばかりが溢れている。
そんな、まさに弱者ほどに生きにくいこの時代。
いよいよ社会の歪みが浮き彫りになっている現代日本。
そこで生きていくことは決して楽じゃない。
でも、生きるに値する未来は必ずやってくる。茜色の希望をたなびかせて、厳しくも澄み切った人間賛歌。

傷つきながらも、自身の信念の中でたくましく生きる母・田中良子を尾野真千子が、息子・純平を次世代の注目株・和田庵が演じる。
監督はあえて今の世相に正面から対峙することで、人間の内面に鋭く向き合った、今や日本映画界を牽引する石井裕也

監督・脚本・編集:石井裕也
出演:
尾野真千子、和田庵、片山友希、大塚ヒロタ、芹澤興人、笠原秀幸、泉澤祐希前田勝、コージ・トクダ、前田亜季、鶴見辰吾、嶋田久作、オダギリジョー、永瀬正敏
配給:フィルムランド、朝日新聞社、スターサンズ
公式HP:
https://akaneiro-movie.com/

同じ月の上映作品

10/29(金)20時!オンラインイベント『パンケーキを毒見する』でゆるっと話そう

詳細ページ
『緑の牢獄』ポスター画像
10月1日(金)~15日(金) 10:30~12:11 *9、10日は10:15〜 *水曜休

『緑の牢獄』

2021年製作/101分/日本・台湾・フランス合作/ドキュメンタリー
秘境の島、忘却の炭鉱 越境者はなぜ この地にとどまったのか」 秘境・西表島に巨大な炭鉱があった。90歳の老女・橋間良子は10歳で台湾からこの島に移り、今ではたった一人で誰もいない家を守る。眠れない夜には、島を出た子、炭鉱の暗い過去、父、忘れられない記憶が彼女を襲う。 希望、怒り、不安、後悔。人生最期に放つ静かな輝きが凝縮された、沖縄を拠点とする黄インイク渾身の一作。
詳細ページ
『海辺の彼女たち』ポスター画像
◆追加上映!10月17日(日)〜22日(金) 19:50〜21:18、23日(土) 20:30〜21:58 *水曜休 

『海辺の彼女たち』

2020年製作/88分/日本・ベトナム合作
「生きていく。この世界でー」 世界第4位の移民大国・日本。技能実習生の2人の若きベトナム人女性がある夜、脱走を図った。やがては不法滞在となる身に突きつけられたのは不条理な世界。本作は移民問題を描いてきた藤元監督が実際に技能実習生から受け取ったSOSメールから着想された。国境を越え出稼ぎに来た女性たちの覚悟と生き様の物語。※本作のみ、翻訳字幕・英語字幕となります。
詳細ページ
『パンケーキを毒味する』ポスター画像
10月1日(金)~15日(金) 19:10〜20:54 10月16日(土)~31日(日) 10:30~12:14 *水曜休

『パンケーキを毒見する』

2021年製作/104分/日本/ドキュメンタリー
「あなたも毒見してみませんか?パンケーキ政権の甘い罠」 たたき上げ?権力志向?勝負師?菅首相の素顔(スガオ)に迫る!『新聞記者』『i-新聞記者ドキュメント-』のスターサンズが、満を持して製作。政界・メディア人へのインタビュー、ブラックユーモアや風刺アニメを交えて、菅政権ひいては日本の「変なところ」を考える、かつてない政治バラエティ映画。
詳細ページ