Facebookアイコン Twitterアイコン YouTubeアイコン Instagramアイコン Noteアイコン

『行き止まりの世界に生まれて』

2月19日(金)~28日(日) 14:50〜16:23 <水曜休映>
(2018年製作/93分/アメリカ/ドキュメンタリー)※日本語字幕・イヤホン音声ガイドあり

 

閉塞感に満ちた小さな町で必死にもがく若者3人の12年間を描く

エモーショナルな傑作ドキュメンタリー!

「アメリカで最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビンの3人は、幼い頃から、貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードにのめり込んでいた。スケート仲間は彼らにとって唯一の居場所、もう一つの家族だった。いつも一緒だった彼らも、大人になるにつれ、少しずつ道を違えていく。ようやく見つけた低賃金の仕事を始めたキアー、父親になったザック、そして映画監督になったビン。ビンのカメラは、明るく見える3人の悲惨な過去や葛藤、思わぬ一面を露わにしていくー。 希望が見えない環境、大人になる痛み、根深い親子の溝…ビンが撮りためたスケートビデオと共に描かれる12年間の軌跡。彼らの姿を通して、親子、男女、貧困、人種といった様々な分断を見つめ、アメリカの知られざる現実を映し出す。

痛みと希望を伴った傑作が誕生した。

★第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート
★第71回エミー賞 ドキュメンタリー&ノンフィクション特別番組賞ノミネート
ほか、59の賞を総なめ!

監督・撮影:ビン・リュー
製作:ダイアン・クォン ビン・リュー
製作総指揮:ゴードン・クイン、スティーブ・ジェームズ、ベッツィ・スタインバーグ、サリー・ジョー・ファイファー、クリス・ホワイト
編集:ジョシュア・アルトマン、ビン・リュー
音楽:ネイサン・ハルパーン クリス・ルッジェーロ
公式ホームページ https://bitters.co.jp/ikidomari/

同じ月の上映作品

ウルフウォーカーポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『ウルフウォーカー』字幕版

2020年製作/103分/アイルランド・ルクセンブルク合作
中世アイルランドの町キルケニー。イングランドからオオカミ退治のためにやって来たハンターを父に持つ少女ロビンが、森のなかで友達になったのは”ウルフウォーカー”のメーヴだった。人間とオオカミがひとつの体に共存し、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもある彼女とロビンが交わした約束は、図らずも父を窮地に陥れるものだった。だが、ロビンは勇気を持って信じる道を進もうとする。
詳細ページ
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『道』

1954年製作/108分/イタリア
昨年生誕100年を迎えたイタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニの代表作。 旅回りの芸人たちの悲哀を描き、第29回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。貧しい家庭に生まれ育った知的障害の女性ジェルソミーナは、死んだ姉の代わりに大道芸人ザンパノのパートナーとして買われ、ともに旅回りに出る。粗暴で女好きなザンパノ。サーカス団の青年に励まされるジェルソミーナだったが……。
詳細ページ
「Ryuichi Sakamoto:CODA」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『Ryuichi Sakamoto:CODA』

2017年製作/102分/アメリカ・日本合作/ドキュメンタリー
日本が誇る世界的音楽家・坂本龍一の音楽と思想の旅を捉えたドキュメンタリー。 2012年から5年間にわたり密着取材を行ない、アーカイブ映像も織り交ぜながら坂本の音楽的探求をたどる。YMOの一員とて日本の音楽シーンを牽引した80年代をはじめ、米同時多発テロや東日本大震災後を経ての様々な活動、中咽頭ガンとの闘い、さらにオリジナルアルバム「async」の制作現場にも密着。
詳細ページ
「音響ハウス」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『音響ハウス Melody-Go-Round』

2019年製作/99分/日本/ドキュメンタリー
1970~80年代に勃興したシティ・ポップの総本山として再注目を集める銀座のレコーディングスタジオ「音響ハウス」にフォーカスしたドキュメンタリー。国内外のアーティストたちから愛され、数々の名曲・名盤が生み出されてきた。坂本龍一をはじめ、松任谷由実・正隆、佐野元春、デビッド・リー・ロスら多彩な顔ぶれのアーティストが、同スタジオとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語る。
詳細ページ