Facebookアイコン Twitterアイコン YouTubeアイコン Instagramアイコン Noteアイコン

『ウルフウォーカー』字幕版

2月1日(月)〜18日(木)10:00~11:45<水曜休映>
4月1日(木)~15日(木)18:00~19:43<水曜休映>
(2020年製作/103分/アイルランド・ルクセンブルク合作 ) ※日本語字幕・音声ガイドあり 

眠ると魂が抜けだしオオカミになる”ウルフウォーカー”
中世からアイルランドで秘かにつたえられてきた伝説

アイルランドの歴史や神話を題材にした「ブレンダンとケルズの秘密」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」で連続してアカデミー長編アニメーション部門にノミネートされたトム・ムーア監督とアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」が、前2作に続くケルト3部作の3作目として手がけた長編アニメーション。
中世アイルランドの町キルケニー。
イングランドからオオカミ退治のためにやって来たハンターを父に持つ少女ロビンは、森の中で出会った少女メーヴと友だちになる。
しかし、メーヴは人間とオオカミがひとつの体に共存した「ウルフウォーカー」だった。
魔法の力で傷を癒すヒーラーでもあるメーヴは、彼女の母がオオカミの姿で森を出ていったきり、戻らず心配でたまらないことをロビンにうちあける。
母親のいない寂しさをよく知るロビンは、母親探しを手伝うことを約束するが・・・・。

監督:トム・ムーア、ロス・スチュアート
音楽:ブリュノ・クレ、キーラ
楽曲:オーロラ 声の出演:オナー・ニーフシー、エヴァ・ウィッテカー、ショーン・ビーンほか※日本語吹き替えはイヤホンを使用してお聞きいただけます(音声ガイドも一緒に流れます)
ロビン:新津ちせ
メーヴ:池下リリコ
ビル:井浦新
公式サイト 映画『ウルフウォーカー』オフィシャルサイト (child-film.com)

 

同じ月の上映作品

2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『道』

1954年製作/108分/イタリア
昨年生誕100年を迎えたイタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニの代表作。 旅回りの芸人たちの悲哀を描き、第29回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。貧しい家庭に生まれ育った知的障害の女性ジェルソミーナは、死んだ姉の代わりに大道芸人ザンパノのパートナーとして買われ、ともに旅回りに出る。粗暴で女好きなザンパノ。サーカス団の青年に励まされるジェルソミーナだったが……。
詳細ページ
「Ryuichi Sakamoto:CODA」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『Ryuichi Sakamoto:CODA』

2017年製作/102分/アメリカ・日本合作/ドキュメンタリー
日本が誇る世界的音楽家・坂本龍一の音楽と思想の旅を捉えたドキュメンタリー。 2012年から5年間にわたり密着取材を行ない、アーカイブ映像も織り交ぜながら坂本の音楽的探求をたどる。YMOの一員とて日本の音楽シーンを牽引した80年代をはじめ、米同時多発テロや東日本大震災後を経ての様々な活動、中咽頭ガンとの闘い、さらにオリジナルアルバム「async」の制作現場にも密着。
詳細ページ
「音響ハウス」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『音響ハウス Melody-Go-Round』

2019年製作/99分/日本/ドキュメンタリー
1970~80年代に勃興したシティ・ポップの総本山として再注目を集める銀座のレコーディングスタジオ「音響ハウス」にフォーカスしたドキュメンタリー。国内外のアーティストたちから愛され、数々の名曲・名盤が生み出されてきた。坂本龍一をはじめ、松任谷由実・正隆、佐野元春、デビッド・リー・ロスら多彩な顔ぶれのアーティストが、同スタジオとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語る。
詳細ページ
「ようこそ映画音響の世界へ」ポスター画像
2月1日(月)〜18日(木) *水曜休映

『ようこそ 映画音響の世界へ』

2019年製作/94分/アメリカ/ドキュメンタリー
映画の感動を作り出す職人たちの知られざる仕事の秘密にスポットをあてる。1927年に初のトーキー映画「ジャズシンガー」が誕生して以来、 映画音響は今現在も常に進化の道を歩んでいる。本作では、著名で独創的な映画監督たちが映画の“音”へのこだわりや芸術性を語るほか、映画の“音”において大きな影響をもたらした名画を振り返り、映画音響の歴史に迫る。 ★日本の音の職人たちを描くドキュメント『音響ハウス』も一緒にぜひ!
詳細ページ