Facebookアイコン Twitterアイコン YouTubeアイコン Instagramアイコン Noteアイコン

『MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』

同じ月の上映作品

チャップリン映画祭ポスター画像
1月3日(火)〜31日(火) 各作品ごとに上映時間が異なります。

フォーエバー・チャップリン「チャールズ・チャップリン映画祭」

愛と笑い、ロマンスと風刺で映画を後世に繋いだ偉大な映画監督・チャールズ・チャップリン。 混迷の現代、今こそチャップリンを! ◆1月3日(火)〜13日(金)   10:00〜12:12 『ライムライト』(132分) ◆1月3日(火)〜17日(火)   12:40〜14:06 『街の灯』 (86分) ◆1月19日(木)~24日(火)    15:30〜16:23  『キッド』(53分)   16:45〜18:50 『独裁者』 (125分) ◆1月26日(木)~31日(火)   15:30〜16:57 『モダン・タイムス』(87分)   17:20〜18:54 『給料日』 (22分)+『黄金狂時代』 (72分)
詳細ページ
『さかなのこ』ポスター画像
1月3日(火)〜17日(火) ※11日(水)休み 14時30分~16時49分

『さかなのこ』

2022年製作/139分/日本
「ずっと大好き。それだけで人生はミラクル。」 お魚が大好きな小学生・ミー坊は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、信じて応援し続ける母親に背中を押されながらミー坊はのびのびと大きくなった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、まるで何かの主人公のようにいつの間にかみんなの中心にいたが、卒業後は、お魚の仕事をしたくてもなかなかうまくいかず悩んでいた…。そんな時もお魚への「好き」を貫き続けるミー坊は、たくさんの出会いと優しさに導かれ、ミー坊だけの道へ飛び込んでゆくーー。 沖田修一監督×原作・さかなクン×主演・のん で贈る、誰もが知るさかなクンの誰も知らないすっギョい人生。
詳細ページ
『ほとぼりメルトサウンズ』ポスター画像
1月3日(火)〜17日(火) ※11日(水)休み 17時20分〜18時42分

『ほとぼりメルトサウンズ』

2022年製作/82分/日本
「どうしても、届けたい音がある。」 とある冬休み。祖母の家だった空き家を訪れるコトだったが、庭に見知らぬダンボールハウスが建ち、街の音を録っては土に埋めた「音の墓」を作っているというタケが住み着いていた。彼の奇妙な行動に興味を持ち、打ち解けたコトは手伝い始める。しかし、東京からその家の立ち退き要請をするために訪問者たちがやってきて…。 主演・主題歌のxiangyuが、実際に出会った老人との交流記録を基にしたエッセイを原案とし、東かほり監督が映画化。 どこか抜けてる凹凸な4人の老若男女がまるで家族のように結託し、「音集め」に繰り出す奇妙で愛おしい一冬の物語を、おおらかで優しい眼差しで描き出す。 ムーンライダーズのレジェンド・鈴木慶ー、平井亜門、東監督がほとんどの作品で起用し信類を寄せる女優・宇乃うめの、名バイプレイヤーの坂田聡ら、多彩なキャストたちの競演も本作の見どころ。
詳細ページ
『私のはなし 部落のはなし』ポスター画像
1月水曜日(11,18,25) 延長上映 / 11/18金~29火 15:00~18:35 <終了

『私のはなし 部落のはなし』

(2022年製作/205分/日本)
「部落差別」は、いかにしてはじまったのか――なぜ私たちは、いまもそれを克服できずにいるのか? 現在、法律や制度のうえで「部落」や「部落民」というものは存在しない。しかし、いまなお少なからぬ日本人が根強い差別意識を抱えている。なぜ、ありえないはずのものが、ありつづけるのか? この差別は、いかにしてはじまったのか? 監督は、屠場(とじょう)とそこで働く人々を写した『にくのひと』が各地で上映され好評を博すも、劇場公開を断念せざるをえなかった経験を持つ満若勇咲(みつわか・ゆうさく)。あれから十数年を経て、錚々たるスタッフで本作を織り成した。日本の〈差別〉を丸ごと見つめて学びほぐす、いまだかつてないドキュメンタリー映画。
詳細ページ