Facebookアイコン Twitterアイコン YouTubeアイコン Instagramアイコン Noteアイコン

『アイの歌声を聴かせて』

同じ月の上映作品

『犬王』ポスター画像
12/1木〜15木 19:20~20:57/12/17土〜30金 17:00〜18:37 ※水曜・16金・29木 休み

『犬王』

(2021年製作/97分/日本) 
「見届けようぜ。」 室町時代に実在し、人々を熱狂させた能楽師【犬王】をポップスターとして華やかに逞しく描く、狂騒のミュージカルアニメーション。室町の京の都、猿楽の一座に生まれた異形の子、犬王。周囲に疎まれ、その顔は瓢箪の面で隠された。 ある日犬王は、平家の呪いで盲目になった琵琶法師の少年・友魚(ともな)と出会う。名よりも先に、歌と舞を交わす二人。 友魚は琵琶の弦を弾き、犬王は足を踏み鳴らす。一瞬にして拡がる、二人だけの呼吸、二人だけの世界。「ここから始まるんだ俺たちは!」世界最古の舞台芸術《能楽》に、湯浅政明監督が豪華クリエイターたちと挑む!
詳細ページ
『PLAN 75』ポスター画像
12月1日(木)〜16日(金) 10時00分~11時52分 ※水曜休み

『PLAN 75』延長上映

(2022年製作/112分/G/日本・フランス・フィリピン・カタール合作) 
「 生きていることが罪ですか? 」 少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる 当事者である高齢者はこの制度をどう受けとめるのか?若い世代は?果たして、<プラン75>に翻弄される人々が最後に見出した答えとは―――。 倍賞千恵子 磯村勇斗 河合優実 ステファニー・アリアン ★2022年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・正式出品 ★第95回米国アカデミー賞国際長編映画賞部門日本代表
詳細ページ
12月1日(木)〜16日(金) 12時20分~13時47分 ※水曜休み

『アングリーバードとバナナ合唱団』

2016年製作/87分/韓国・インド
「スラムの人々に、合唱で人生の輝きを!」 インドのスラムで激しく熱く合唱を教える「ガミガミ鳥」・キム・チェチャン先生。彼が率いるのは、カースト最下層の子どもたちの「バナナ合唱団」。先生にとって悩みの種は「音楽よりも勉強」を望む、子どもたちの親。先生が出した秘策は「親にもコンサートに出演してもらうこと」だった。貧しく、先の見えない暮らしの中、音楽が何をもたらしたのか。心温まる人間ドラマ。
詳細ページ
『響け!情熱のムリダンガム』ポスター画像
11/18金〜29火 19:10〜21:22/12/1木〜16金 14:20~16:32 ※水曜休み

『響け!情熱のムリダンガム』

(2018年製作/132分/インド)
「世界はリズムであふれてる」 青春!音楽!衝動!この鼓動は止められない。歌って、踊って、演奏して。魂のリズムはそこ、ここにーー 神に奉納するインドの伝統音楽・両面太鼓・ムリダンガム。ピーターはある日巨匠の演奏を目の当たりにし、ムリダンガム奏者になりたいという衝動が起こる。その瞬間から、カーストによる差別、伝統音楽と映画・テレビ業界との軋轢、伝統芸能の生き残りと承継、世代間の意見の相違など様々な障壁と次々にぶちあたっていく。南インド料理店“なんどり”さん配給!音楽は世界的名匠、A.R.ラフマーン!
詳細ページ