Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

I Am Here ー私たちはともに生きているー

作品タイトル「I Am Here私たちはともに生きている」紺、紫、ピンクを基調とした人型のシルエットで描かれたポスター。

『I Am Here 〜私たちはともに生きている〜』
(2020年製作/60分/日本/ドキュメンタリー)
※日本語字幕・音声ガイドあり

<上映日時>
10月17日(土)~24日(火) 19:00〜20:00<水曜休映>


新型コロナウイルス対策として、座席は間隔をあけてご利用いただき、
席数は12席とさせていただきます。最後列3席は木製のチェアーとなります )
ご来館の前に下記のリンクから、当館のウイルス対策についてご一読をお願いいたします。

https://chupki.jpn.org/archives/5862

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< NEWS>

・上映後、ゲストによるトーク開催!  日程、登壇者は決まり次第お知らせします!
・監督の自叙伝、海外のジャーナリストとコラボしトランスジェンダーの写真集も販売予定
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<作品について>
今を生きる性同一性障害/性別違和症候群/トランスジェンダー当事者達にフォーカスをあて、日常生活で直面する問題や性別が変更できる性同一性障害特例法の高すぎる要件について描くドキュメンタリー。
当事者もそうでない人もすでにともに一緒に生きていたはずなのに、当事者達はいないものとされてきました。偏見や差別を受けることも少なくありません。
就職、カミングアウト等様々な当事者達の想いがつまった作品。
監督 浅沼智也
公式サイト https://trans-iamhere.jp
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【チケット料金】 一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円、シニア1,100円)/プアエイド1,000円
※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。(キャッシュレス決済準備中)
■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、 コチラ https://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

ご予約はこちら

同じ月の上映作品

映画「彼の見つめる先に」のポスター画像。主人公の少年レオと少年ガブリエルが自転車を2人乗りしている

10月26日夜開催!オンラインでゆるっと話そう『彼の見つめる先に』

詳細ページ
10月1日(木)〜16日(金) *水曜休映

彼らが本気で編むときは、

(2017年製作/127分/日本)
優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコと彼女の心の美しさに惹かれた恋人のマキオ。愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せてを見つけるまでの心温まる60日
詳細ページ
10月1日(木)〜16日(金) *水曜休映

カランコエの花

(2016年製作/39分/日本)
とある高校2年生のクラス。「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」生徒らの日常に広がる波紋・・・思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは・・・? 第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭グランプリ受賞作品
詳細ページ
10月1日(木)〜31日(土) *水曜休映

his

(2020年製作/127分/日本)
同性愛者であることを隠して生きる青年が、恋い焦がれる男性と、その子供を育てていく中で抱く葛藤を、恋愛映画の名手・今泉力哉監督が描く。親権獲得の裁判を絡めて、常識、偏見、本気の間を揺れながら、愛とは何かを浮き彫りにした感動作。
詳細ページ