Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

2020年2月1日(土)〜14日(金)『トークバック 沈黙を破る女たち』

『トークバック 沈黙を破る女たち』
(2013年製作/日本/119分/ドキュメンタリー)※日本語字幕・音声ガイドあり

上映日時:2月1日(土)〜14日(金) 16:55〜18:54 <水曜定休>  

■■■NEWS!■■■
・2月14日(金)上映後、トークゲストがお一人増えました!
坂上香監督×上岡陽江さん(ダルク女性ハウス代表)のお二人をお迎えします。
ダルク女性ハウスは薬物依存症からの回復を望む女性たちのための日本で最初の民間施設です。日本における活動、回復のためのサポートにについてお話しを伺っていきます。
2月2日(日)、14日(金) 上映終了後、 坂上香監督 舞台挨拶があります!
・2月11日(火・祝)上映後、19:05〜19:50まで「ゆるっと話そう」開催します!
映画の感想を観客同士でシェアする場です。別の日に映画をご覧になった方も参加できます。
予約不要、劇場2Fにて。 進行:舟之川聖子(鑑賞対話ファシリーテーター)
★詳しくはこちら:
https://chupki.jpn.org/archives/5288

【ご注意】
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『トークバック』とは
『声をあげ』、人々と『呼応しあう』こと。
女たちのアマチュア劇団
それは芸術家、セラピーか、革命か?

米サンフランシスコの刑務所で誕生し、元受刑者とHIV陽性者の女性たちが自身の人生を芝居にして上演するアマチュア劇団「メデア・プロジェクト:囚われた女たちの劇場」を追ったドキュメンタリー。1989年、女性受刑者たちが人生を取り戻すためのワークショップとして演出家のローデッサ・ジョーンズが創設した「メデア・プロジェクト」は、2008年からHIV/AIDS陽性の女性たちとのコラボーレションを始める。
受刑者やHIV/AIDS陽性者たちが自ら声をあげることで、彼女たち自身が偏見や恥にどのように対応していくのか、そうした姿が観客や周囲にどのような影響を与えるのかを見つめていく。
監督は、犯罪者の更生プログラムに参加する終身刑・無期懲役受刑者たちを追ったドキュメンタリー「Lifers ライファーズ 終身刑を超えて」の坂上香。

◆ぜひ「Lifers ライファーズ 終身刑を超えて」も合わせてご覧ください!
2月1日(土)〜14日(金)15:10〜16:41<水曜定休>
https://coubic.com/chupki/665327

 

監督/プロデューサー:坂上香
共同プロデューサー:麻生歩
撮影:南幸男
録音:森英司
キャスト:ローデッサ・ジョーンズ

『トークバック 沈黙を破る女たち』
公式サイト http://www.talkbackoutloud.com/

・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ https://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

 

同じ月の上映作品

2020年2月15日(土)~29日(土)『プロメア』(前日譚あり)

詳細ページ

2020年2月15日(土)〜29日(土)『地球交響曲 第二番』

詳細ページ

2020年2月15日(土)〜29日(土)『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』

詳細ページ

2020年2月15日(土)〜29日(土)『グリーン・ブック』(吹き替え版)

詳細ページ