Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

2020年1月4日(土)~31日(金)『“樹木希林”を生きる』


©NHK

『“樹木希林”を生きる』

(2019年製作/108分/ドキュメンタリー)※日本語字幕・音声ガイドあり

上映日時:

1月4日(土)〜17日(金)15:00〜16:48 <水曜定休>
1月18日(土)〜31日(金)14:35〜16:23 <水曜定休>

■NEWS!■
1月11日(土)上映後、
木寺一考監督と、吉田憲一プロデューサーの舞台挨拶が決まりました!

 

【ご注意】
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ちゃんと生きるってことは、なんでもないことをやるしかない」

初めて許された長期密着取材
“樹木希林”を生き抜いた姿がここにある

2018年9月15日、女優・樹木希林が75歳で亡くなった。作品に奥行きをつくるリアルで味わい深い演技、ユーモラスで心に突き刺さる言葉や軽やかな生き様・・・・・・
今なお、私たちを魅了し続ける樹木希林とは何者なのか。
大反響を巻き起こしたNHKの同名ドキュメンタリー番組が、多数の未公開映像を加え再編集、装いを新たに映画として生まれ変わる。
全身をがんに冒されても、悲観せず、かといって気負いもなく淡々と女優として生きた。
4本の映画撮影に密着した取材を通して映しだされる、様々な“樹木希林”。
仕事、家族との関係、そして大切にしていた日々の暮らし。
人生の晩年をどのように生き、畳もうとしたのか?
「あとは、じぶんで考えてよ」樹木希林のそんな声がきこえてくる。
心に響く数々の言葉から生きるヒントを学ぶドキュメンタリー。

監督・撮影・語り:木寺一孝
エグゼクティブプロデューサー:新井重人
プロデューサー:吉田憲一
制作統括:細川篤志
編集:渡辺政男
音響効果:細見浩三
音楽:おかもとだいすけ
出演:樹木希林

『“樹木希林”を生きる』の公式サイト http://kiki-movie.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ https://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

同じ月の上映作品

【1日のみ追加上映】2月12日(水)『人生をしまう時間』

詳細ページ

2020年1月18日(土)~31日(金)『人生フルーツ』

詳細ページ

2020年1月18日(土)~31日(金)『お百姓さんになりたい』

詳細ページ

2020年1月5日(日)~17日(金)『ローマの休日』N.E.M.吹き替え版

詳細ページ