2019年9月19日(木)〜30日(月)『イーちゃんの白い杖』


(C)テレビ静岡

『イーちゃんの白い杖』
(2018年/108分/日本/ドキュメンタリー)

上映日時:9月19日(木)〜30日(月) 12:30〜14:18 ※水曜定休 

◼️NEWS!◼️
9月21日(土)上映後、小長谷唯織さんが舞台挨拶に来てくださいます!
ぜひ、イーちゃんに会いにいらしてください♪
上映期間中、サウンドトラックCDも販売致します

【ご注意】
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全盲の姉と重度障がいの弟。
私たちはなぜ 生まれてきたのか。

生まれつき目が見えないイーちゃんこと小長谷唯織(こながや いおり)さんは、盲学校で白い杖の使い方や点字を学んだが、成長していく過程で友達がいない寂しさや、進学先の盲学校でいじめを経験する。
大好きなピアノで気持ちを整理をしようとするが、ピアニスト、歌手、作家・・・夢も破れ、家も学校も何もかも嫌になり、「死にたい」と悩むようになる。
だが、そんな彼女のそばには2歳年下の弟・息吹(いぶき)がいた。
重度の障害を抱え、歩くことも食べることもトイレに行くこともできない弟は、何度も入退院や手術を繰り返していたが、それでも前に進んでいた。そんな弟の姿から自分の甘さに気づき、自殺を踏みとどまったイーちゃんは、いくつもの壁を乗り越えていく。
互いに顔を見たことがない姉と弟、支える家族。
20年目に出した答えとは。
果たして、私たちに何ができるのかー。

・・・・・・・・・
1999年に制作・放送された「イーちゃんの白い杖 100年目の全盲学校」と、2010年の「いおりといぶき 私たちが生まれた意味」を元に、20年にわたり取材したテレビ静岡のドキュメンタリー番組を映画化。
落語家の春風亭昇太が映画ナレーションを初担当。

監督:橋本真理子
プロデューサー:永井学
撮影:杉本真弓
編集:大澤裕也
音楽:川口カズヒロ
語り:春風亭昇太
『イーちゃんの白い杖』公式サイト http://www.sut-tv.com/ichan/

 

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生 1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1,300円

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

 

 

2019年09月30日 | Posted in 2019年9月, 上映スケジュール | | Comments Closed 

おすすめの記事