Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン
2022年06月10日

<事前予約をお勧め>7月の上映スケジュールのお知らせ[6/27更新]

お知らせトップページに表示
7月ラインナップ画像
換気、清掃など、これまで通り取り組んでまいります。
ご来場の際は、当館における新型コロナウイルス感染予防対策について、
引き続き皆様のご理解とご協力をお願いします。
・マスクの着用、手洗い、消毒
・シアターでのご飲食は、飲み物のみ可
詳しくはこちら https://chupki.jpn.org/archives/5862
小さな劇場ですのでご来場の際はご予約をお勧めします。
WEB予約には決済機能はついていません。
ご不都合や体調不良の際は、キャンセル処理をお願いします。
※4月1日より、全席開放しています。
※上映中、上映予定の作品の予告編は入れ替え時間に上映しています。
※座席の3列目までは肘掛つきソファタイプ、最後列は木製チェアーとなります。

 

■□■ 2022年7月の上映スケジュール ■□■

上映に寄せた7月の名言は、ブレーズ・パスカルより

「人間は自然界の中でもっとも弱い葦にすぎない。だが、考える葦である。」

自然を愛する。共に在るものに感謝する。
しかし、思いも寄らずに業を抱え、背負わせていく人間の暮らし。
そんな人間が成す、映画づくりという営み。
もう一度、感謝を込めて。

 

〜ありがとう岩波ホール〜  
当館の前身となるバリアフリー映画鑑賞推進団体City Lightsは
岩波ホールで音声ガイド付き上映会を行なっていました。
大変お世話になってきた岩波ホールに感謝の気持ちを込めて、
思い出深い作品をセレクトした
「ありがとう、岩波ホール」特集上映 を行います。

【上映作品】
6月2日(木)~14日(火)
 『ベアテの贈りもの』
 『宋家の三姉妹  』
7月1日(金)~15日(金)
『終りよければすべてよし』
7月16日(土)~31日(日)
『ハンナ・アーレント』

 

◆全ての作品に、音声ガイドと日本語字幕がつきます。
音声ガイドは各座席のコントローラーにイヤホンをさしてお聞き頂けます。
イヤホンはご持参可、お持ちでなくても受付で貸し出ししております。
座席数の少ない劇場ですので、ご来場の際はご鑑賞の予約をおすすめします。
このバナーから予約サイトへ飛びます

●開店時間と休館日
・開店時間:7月1日(金)~15日(金) 朝10時00分
7月16日(土)~31日(日) 朝9時30分
・休館日:毎週水曜日(7月13日、27日はいせフィルム特集)

【 7月1日(金)~15日(金) 】
10時30分~12時39分 『終りよければすべてよし』【ありがとう岩波ホール】(129分)
13時00分~14時41分『杜人 ~環境再生医 矢野智徳の挑戦』(101分)
15時10分~16時27分『山歌』(77分)
<7月1日(金)〜10(日)>
17時00分~18時45分 『チロンヌプカムイ イオマンテ』(105分)
19時15分~20時39分 『アイヌモシㇼ』(84分)
<7月11(月)〜15(金)>
17時00分~18時24分 『アイヌモシㇼ』(84分)
19時00分〜20時45分 『チロンヌプカムイ イオマンテ』(105分)

【 7月16日(土)~31日(日) 】
10時00分~11時47分 『ひまわり 50周年HDレストア版』(107分)
12時15分~14時09分  『ハンナ・アーレント』【ありがとう岩波ホール】(114分)
14時30分~15時59分 『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』 (89分)
16時20分~17時57分 『サマーフィルムにのって 』(97分)
18時30分~20時13分 『桐島、部活やめるってよ』(103分)

いせフィルム特集・『えんとこ』遠藤滋さん追悼上映

7/13(水)・27(水)「いせフィルム」特集・遠藤滋『えんとこ』主人公追悼上映

各回上映後、伊勢真一監督トークあり。

【 7月13日(水) 】
◉開店時間:朝12時30分
13時00分〜14時40分 『えんとこ』(1999年度版)(100分) ご予約はこちら
15時00分〜16時36分 『えんとこの歌』(2019年度版)(96分) ご予約はこちら
17時30分~19時20分 『いまはむかし』(90分)+『東京裁判−世紀の判決』(20分)
※二本立て特別料金  ご予約はこちら

【 7月27日(水) 】
◉開店時間:朝10時00分
10時30分〜12時06 分 『えんとこの歌』(2019年度版)(96分) ご予約はこちら

 

◆上映後、舞台挨拶のお知らせ◆

※トークのみのご予約は承っておりません。
※耳のご不自由な方には、トークの文字通訳(UDトーク)でサポートします。ご希望の方はご予約後、cinema.chupki@gmail.comまでご連絡ください。
※舞台挨拶のある回は12チケット、サポーター割引適用外となります。
※登壇者は予告なしに変更する場合がございます。予めご了承願います。

『杜人 ~環境再生医 矢野智徳の挑戦』
日にち:7月1日(金) 13時00分の回上映後
ゲスト:前田せつ子 監督

『山歌』
日にち:7月9日(土)、7月10日(日) 15時10分の回上映後
ゲスト:笹谷遼平 さん(監督・脚本・プロデューサー

『チロンヌㇷ゚カムイ イオマンテ』
日にち:7月2日(土) 17時00分の回上映後
ゲスト:北村皆雄 (きたむらみなお)監督

日にち:7月11日(月)  19時00分の回上映後
ゲスト:中川 裕さん(本作監修・カムイノミ対語訳)
    UtaE(うたえ)さん(ハポネタイ代表・アイヌ文化伝承)

 

他作品も舞台挨拶調整中です。


【映画のご鑑賞チケット料金】
◆一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円/シニア1,000円)/プアエイド1,000円/介助者無料/未就学児無料

※当館の料金制度について https://chupki.jpn.org/about

◉ムビチケはご利用いただけません。
◉キャッシュレス決済始まりました。クレジットカード、交通系マネーがご利用いただけます。

ご来場の前に

■新型コロナウイルス感染予防対策について、皆様のご理解とご協力をお願いします。
・マスクの着用、手洗い、消毒
・ご飲食は、シアターでは飲み物のみOK
・詳しくはこちら https://chupki.jpn.org/archives/5862

シアター内写真。入り口からスクリーンに向かってほぼ中央にある通路を挟んで左右に座席を4列配置。左側が二人がけ、右側が3人がけになっています。右側3人がけは、現在真ん中を空け、2人がけにしています。3列目まではひじかけつきのソファータイプシート、4列目はひじ掛けなし、木製の椅子です。4列目は入り口から段差なし、1〜3列目は入り口から2段低くなっています。1〜3列目には段差、傾斜はありません。床は人工芝を敷いています。どのお座席でも、音声ガイドをお聞きいただけます。イヤホンを差すコントローラーはソファタイプ席は肘掛部分についています。木製椅子は、ご着席いただいた正面の間仕切りの手すりについています。イヤホンは一般的な3.5mmミニプラグを接続することができます。iPhoneの平たいプラグは使用できません。イヤホンは受付で貸し出しも行っています。ご希望の際はスタッフへご遠慮なくお申し出ください。場内スピーカーはスクリーン下に4つ(左右・正面・サブウーファー)、天井は1列目、3列目に左右2つずつ、壁面には2列目に左右2つ設置しています。●座席数の少ない劇場ですので、ご来場の際はご鑑賞の予約をおすすめします。
・店頭
●田端駅から劇場までの誘導をご希望の際は、事前にお電話/メールでご連絡ください。
ほか、サポートが必要な場合、車椅子スペースのご利用、親子鑑賞室のご利用もご相談ください。
●劇場内の設備、駅からのルートについて
<トイレ>
・少し広めのスペースはありますが、電動タイプなどサイズの大きい車椅子には対応していません。
・多目的トイレはではありません。※最寄りの多目的トイレ →JR田端駅北口構内 https://wc.jp47.net/d12147.html
※多目的ではないが、車椅子対応トイレ  →新田端大橋下公園トイレ 東京都北区東田端1-17 ( https://kitashakyo.or.jp/map/facility/detail/148/more_toilets )
<駅から劇場までのエレベータールート>
田端駅は地上より高い位置にあります。
北口改札を出て右へ、花壇、銅像がある広場のような道を進むと右手にホテルメッツがあります。
手前に階段、奥にエレベーターがあり、地上まで降ります。
降りて直進、左折、道路に出ますので、歩道を左折し、150mほど直進。小さな信号を渡り、「天ぷら二美」と米屋の間の道が商店街です。道なりに150mほど、右手の青いひさしが劇場です。

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)
住所:東京都北区東田端2-8-4(JR田端駅北口より徒歩7分、業務スーパー隣)アクセス
電話:03-6240-8480
サポータークラブ会員募集:https://chupki.jpn.org/support
お買い物ページ:https://chupki.thebase.in
前のページへ戻る