Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン
2020年10月26日

■舞台挨拶情報追加 \11月の上映作品のお知らせ/

お知らせトップページに表示

■新型コロナウイルス感染予防対策について、皆様のご理解とご協力をお願いします。
・マスクの着用、手洗い、消毒、店頭での検温
・ご飲食は、シアターでは飲み物のみOK
・詳しくはこちら https://chupki.jpn.org/archives/5862

■ご来場に際して
11月1日より3席増やし、15席で営業致します。
 左右に分かれた座席のうち、左側二人がけの3列は、並んでお座りいただけます。
右側の三人がけの3列は、これまで通り真ん中1席あけてのご利用となります。

座席数の少ない劇場ですので、ご来場の際はご鑑賞の予約をおすすめします。
ご入場の順番は、当日受付順の自由席です。

●ご鑑賞の予約方法は3つ
・予約サイト:https://coubic.com/chupki
・電話:03-6240-8480(営業時間内)
・店頭にて

11月の上映案内

正直な人間であれ。
誰もが多かれ少なかれ、自分に対し、人に対し抱いていることでしょう。
長い歴史の中で大切に受け継がれ、鍛え、磨かれてきた伝統と生き様は人の心を打つ。
体に流れる、その血筋にも、歴史は息づき、そっと道筋を示す。
しかしそこで私利私欲に飲まれてゆくとき、その道の先はー、、、、

・・・・・

11月は、最後の瞽女、故・小林ハルさんの半生を描いた人間ドラマ『瞽女』。
そしてアイヌ語に由来するチュプキで、アイヌの血を引くみずみずしい少年の物語を観て頂いたあとは、ガラッと!
富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人間の狡猾さと滑稽さを浮き彫りにする様子を描いたドキュメンタリー『はりぼて』、ブラック企業と称されたとある引っ越し会社の現役社員の労働争議を描いた『アリ地獄天国』、障害を持つ者同士の真実の愛に迫る『二人ノ世界』、そして大延長中の『プロメア』を上映!

—11月の名言—
『ありがとう』を言える人間になりなさい。
『ごめんなさい』を言える人間になりなさい。嘘をつくような人間にはならないこと。
(いかりや長介)

●営業時間・休館日
・朝10時オープン
・休館日:水曜日

■□■ 上映スケジュール ■□■

◆全ての作品に、音声ガイドと日本語字幕がつきます。
音声ガイドは各座席のコントローラーにイヤホンをさしてお聞き頂けます。
イヤホンはご持参可、お持ちでない方には受付で貸し出ししております。

◉11月1日(日)〜11月15日(日)<水曜休映>
・瞽女GOZE    10時30分〜12時19分(試練に耐えるハル役に吉本実憂、小林綾子出演)
・アイヌモシㇼ  12時50分〜14時14分(第19回トライベッカ映画祭・国際コンペティション部門審査員特別賞を受賞)
・はりぼて    14時50分〜16時30分(抱腹絶倒のドキュメンタリー)
・アリ地獄天国  16時50分〜18時28分(『フツーの仕事がしたい』の土屋トカチ監督作品)
・プロメア(前日譚あり)19時00分〜21時11分(11月14日は休映

◉11月16日(月)〜11月30日(月)<水曜休映>
・瞽女GOZE    10時30分〜12時19分
・二人ノ世界   12時50分〜14時34分(永瀬正敏主演、学生を中心に制作された注目のドラマ
・アイヌモシㇼ  15時00分〜16時24分
・はりぼて    17時00分〜18時40分
・アリ地獄天国  19時00分〜20:38分(11月28日は休映

◆◆ NEW! 舞台挨拶   ◆◆
『アリ地獄天国』11月1日(日)の回上映後、土屋トカチ監督の舞台挨拶あり!

 

クービック予約システムから予約する

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)1,100円/学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員(一般1,300円/シニア1,000円)/プアエイド1,000円/介助者無料/未就学児無料
=====================
CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)
住所:東京都北区東田端2-8-4
電話:03-6240-8480(水曜休・朝10時〜21:30頃まで)
サポータークラブ会員募集:https://chupki.jpn.org/support
お買い物ページ:https://chupki.thebase.in
=====================
前のページへ戻る