Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

2020年2月1日(土)〜14日(金)『Lifers ライファーズ 終身刑を超えて』

『Lifers ライファーズ 終身刑を超えて』
(2004年製作/日本/91分/ドキュメンタリー) ※日本語字幕・音声ガイドあり

上映日時:2月1日(土)〜14日(金) 15:10〜16:41 <水曜定休>

【ご注意】
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとは
取り返しのつかない罪を償えるか。

受刑者が300万人を超える米国。Lifersライファーズとは、終身刑、もしくは無期刑受刑者のこと。
彼らは殺人や強盗などの深刻な犯罪を犯し、更生不可能というレッテルをはられた人びとであり、社会から忘れられた存在である。
民間の更生団体「アミティ」が行う更生プログラムでは、加害者である自分、また被害者であった自分をさらけ出して語り合う。
刑罰でも矯正でもなく、対話を通して、
「自分がなぜ犯罪を犯すようになったのか」の問いに徹底的に向きあう。
そして、それぞれが罪の償いを模索し、「どのような未来を生きたいか」というビジョンを作りあげていく。

監督は、初めて日本の刑務所にカメラを入れた『プリズン・サークル』が公開間近の坂上香監督
TV番組の取材で「アミティ」を訪れ、長年にわたり取材し新しい生き方を模索するライファーズの姿を捉えた。
「映像を通してライファーズに出会い、暴力や犯罪に私たちそれぞれがどう向き合えばいいのかを、一緒に考えてみませんか?」

 

監督プロデューサー 坂上香
撮影 南幸男
音楽 ロジャー・スコット・クレイグ
録音 森英司
ナレーション マヤ・ムーア

 

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。
※舞台挨拶のある日は12チケット・会員割引が適用外となります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ https://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

 

 

同じ月の上映作品

2020年2月15日(土)~29日(土)『プロメア』(前日譚あり)

詳細ページ

2020年2月15日(土)〜29日(土)『地球交響曲 第二番』

詳細ページ

2020年2月15日(土)〜29日(土)『ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』

詳細ページ

2020年2月15日(土)〜29日(土)『グリーン・ブック』(吹き替え版)

詳細ページ