5月は配信で映画を観よう♪<まとめ>

5月は配信で映画を観よう♪

緊急事態宣言延長に伴い、シネマチュプキも5月31日までは休館となります。
再開は6月を予定していますが、状況をみてご案内します。

さて、まだしばらく劇場では映画を観ることができませんが、、、
オンラインに【シネマ・チュプキ・タバタ】があるのをご存知でしょうか?

【1】『獄友』(期間:5月1日〜5月14日)
【2】『だってしょうがないじゃない』(期間:5月2日〜23日)
【3】『プリズン・サークル』(期間:5月16日〜)

映画は【映画の制作者・会社】【映画を届ける配給会社】【映画館(チュプキ)】が協力してスクリーンで上映されます。映画館がストップする=映画に携わる人皆の危機!そして映画を楽しみにしてくださる方にも映画をお届けできなくなる・・・ということで、制作会社さん、配給会社さんが配信での上映を急ピッチで立ち上げてくださいました。しかし映画は劇場で観てもらうことを考えて、音楽の聞こえかたも、映像もつくられています。劇場に足を運ぶことができない今は配信でご覧いただき、コロナが収束したらぜひ「本来の映画」を劇場で観てください。
「獄友」は2月、「だってしょうがないじゃない」は3月、当劇場で上映終了した作品ですが、見逃してしまった方、もう一度見たい方もぜひ\( ˆoˆ )/
『プリズン・サークル』は5月に劇場で上映予定でしたが休館のため、改めて上映の機会を設けます。

いずれの配信も、視聴、支払い方法など詳しくはそれぞれのサイトでご確認ください。

●金聖雄監督・坂上香監督・大高健志氏とのトークショーアーカイブもぜひご覧ください。
〜それぞれのミニシアター・エイド〜(5月1日)
https://youtu.be/4-i7PXLyB8Y  

 

【1】『獄友』(期間:5月1日〜5月14日)

「ミニシアター応援プロジェクト」のチャリティ作品です。視聴すると、ミニシアター・エイドへのチャリティになります。

冤罪をテーマに、人生の多くの時間を刑務所の中で過ごし、互いを「獄友(ごくとも)」と呼び合う5人の冤罪被害者にカメラを向けた作品。

🎬『獄友』を視聴する(アジアンドキュメンタリーズ)
2018年製作/日本/作品時間100分 監督:金聖雄
●視聴にあたって
・「音声ガイド版」「日本語字幕版」があります。
・配信では音声ガイドが映画本編と一緒に流れます。
・会員登録方法は以下URLから。支払い方法はクレジットカードのみ。
●「袴田事件」関連冊子取り扱い中
無実にも関わらずいまだ「死刑囚」のままである、袴田巖さんと事件について知る広報誌と、漫画をセットです。https://chupki.thebase.in/items/28732321

【2】『だってしょうがないじゃない』(期間:5月2日〜23日)

発達障害を抱えながら、ひとり暮らしをしている叔父・まことさんの日常を、発達障害と診断された監督が撮り続けた3年間のドキュメンタリーです。長年一緒に暮らしていた母親が亡くなったあと、買い物支援、傾聴ボランティア、生活相談など様々な行政サービスを使いながら、まことさんの自立生活を支えていく様子を、時にコミカルに描き、何かを目指すのではなく、まことさんに寄り添う関係性を丁寧に映し、観てる側もなんだか、おうちにお邪魔して一緒に過ごしているような気持ちになります。
仮設の映画館」は、新型コロナウイルスの影響によって停滞している「映画の経済」を、全国の劇場、配給、製作、そして映画ファンとともに回復させるための試みです。鑑賞者は、どの映画館で鑑賞するのかを選びます。
🎬『だってしょうがないじゃない』を視聴する(仮設の映画館)
2019年製作/119分/日本 監督:坪田義史
以下URLから視聴までの流れ、よくある質問が載っています。
●視聴にあたって
・配信は5月23日まで。購入後24時間鑑賞可能。
・「音声ガイド版」「通常盤」があります。どちらも日本語字幕がついてます。
・配信では音声ガイドが映画本編と一緒に流れます。
・支払い方法はPayPalと、クレジットカード(Visa、Mastercard、American Express)
●トークLIVE配信イベント開催!
・5月15日(金)20〜21時 ゲスト:坪田監督、池田プロデューサー
 詳しくはこちら↓お便りも募集しています!
http://wp.me/p7WTF8-1ts

【3】『プリズン・サークル』(期間:5月16日〜)

2月に上映した『ライファーズ 終身刑を超えて』『トークバック』の坂上香監督の最新作。
取材許可に6年をかけ、2年にわたり日本国内の刑務所に初めてカメラを入れて完成となったドキュメンタリー。 官民協働による新しい刑務所であり、日本で唯一受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促す「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」というプログラムを導入。受刑者たちがプログラムを通じて向き合うのは、犯した罪だけではない。幼い頃に経験した貧困、いじめ、虐待、差別などの記憶。痛み、悲しみ、恥辱や怒りといった感情。そして、それらを表現する言葉を獲得していく。この塀の中のプログラムに2年間密着したカメラは、窃盗や詐欺、強盗傷人、傷害致死などで服役する4人の若者たちが、新たな価値観や生き方を身につけていく姿を克明に描きだしていく。

 

🎬『プリズン・サークル』を視聴する(仮設の映画館)
2019年製作/136分/日本 監督:坂上香
以下URLから視聴までの流れ、よくある質問が載っています。

*配信期間:5月16日(土)10時00分 〜 6月5日(金)21時00分まで(予定)
*料金:1800円(税込)
*観たい映画館を選んで鑑賞することができます。

◉仮設の映画館とは—-
新型コロナウイルスの影響によって停滞している「映画の経済」を、全国の劇場、配給、製作、そして映画ファンとともに回復させるための試みです。詳しくはこちら
ウイルスの蔓延が収束しましたら、ぜひ、本物の映画館でご覧ください(7月予定)。

◉シネマ・チュプキ・タバタでは、視覚に障害のある方、聴覚に障害のある方もご鑑賞いただけるよう、「字幕つき版」「字幕・音声ガイドつき版」選ぶことができます。

◉鑑賞方法、よくあるご質問についても事前にご確認ください。

◆詳しい鑑賞方法(PDF)
http://www.tongpoo-films.jp/GUIDE-TC_prisoncircle.pdf

📖劇場パンフレットも公式サイトより販売
http://tongpoo-films.shop-pro.jp/?pid=150679505

 

2020年05月10日 | Posted in 2020年5月, お知らせ, 上映スケジュール | | Comments Closed 

おすすめの記事