(更新)3月28日(土)『37セカンズ』でゆるっと話そう

ゆるっと話そうシリーズ第10回『37セカンズ』
3月28日(土) 19:10〜 @シネマ・チュプキ・タバタ1Fシアター

■■■ 3/26 更新 ・開催にあたって■■■
・    ゆるっと話そうの時間は、換気に加え、シアターの扉を開放します。
・ マスクの着用をお願いします(ない方には提供します)

◎今回のゆるっと話そうは「しゃべらずに話す」◎
映画から感じたことを色や形で描いて表すワークです。
当日の人数や様子によって変えます。
「映画を観に来てよかったな、ゆるやかなつながりを感じてホッとしたな」というひとときになればと思います。

ファシリテーター舟之川さんと、シネマチュプキは今月の対話方法について相談・準備して参りました。
提案頂いたのは「しゃべらずに話す」
感想を交わすのに、しゃべる以外のコミュニケーション、表現がある。
今この映画が必要な人、短くても心通わせる時間を必要としてる人がいることを想像しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈ゆるっと話そう〉は、映画を観た人同士が感想を交わし合う、
        45分のアフタートークタイムです。

映画を観終わって、 誰かとむしょうに感想を話したくなっちゃったこと、ありませんか?
印象に残ったシーンや登場人物、ストーリー展開から感じたことや考えたこと、思い出したこと。
他の人はどんな感想を持ったのかも、聞いてみたい。
はじめて会う人同士でも気楽に話せるよう、ファシリテーターが進行します。

第10回は、『37セカンズ』をピックアップ!
http://chupki.jpn.org/archives/5340

親子、夫婦、家族、友だち、仲間。
障害、性、仕事。
自己承認、自己肯定、自己信頼。
選択、自立。
できること、できないこと。

誰にでも関係のある、普遍的なテーマが描かれた作品です。
見る人の立場や背景によって、光を当てるところがかなり違うでしょう。
この映画よかった!という方も、なんだかモヤモヤしちゃった…という方も、ぜひその違いの豊かさを味わい、分かち合いましょう。
ご参加お待ちしています。

日 時:2020年3月28日(土)19:10(17:05の回終映後)〜19:55

参加費:投げ銭制 \500〜

予 約:不要。
映画の鑑賞席は予約がおすすめです。
http://chupki.jpn.org/archives/5340

対 象:映画『37セカンズ』を観た方。
別の日・別の劇場で観た方もどうぞ。
観ていなくても内容を知るのがOKな方はぜひどうぞ!

会 場:シネマ・チュプキ・タバタ 劇場内

<これまでの開催>
こちらのブログご参照ください。
https://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2020/01/19/114025

<NEW!>第9回 トークバック 沈黙を破る女たち
https://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2020/02/29/100933
第8回 人生をしまう時間(とき)
第7回 ディリリとパリの時間旅行
第6回 おいしい家族
第5回 教誨師
第4回 バグダッド・カフェ ニューディレクターズカット版
第3回 人生フルーツ
第2回 勝手にふるえてろ
第1回 沈没家族

進行:舟之川聖子(鑑賞対話ファシリテーター)
twitter: https://twitter.com/seikofunanok
blog: http://hitotobi.hatenadiary.jp
hp: https://seikofunanokawa.com/

2020年03月09日 | Posted in お知らせ | | Comments Closed 

おすすめの記事