Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン
2021年07月30日

『アルプススタントのはしの方』城定舞台挨拶のお知らせ!

お知らせトップページに表示

『アルプススタントのはしの方』舞台挨拶

日時:8月21日(土)   12:40の回終了後
ゲスト:城定 秀夫監督

4月に続き、アンコール上映となりました本作品。上映後、拍手が起きる、リピーター続出などご好評いただきました。
そして。。。城定監督の舞台挨拶がついに決まりました!

デビュー以来、数多くのVシネマ、ピンク映画、劇場映画を撮ってきた城定監督の青春映画。
貴重な機会をお見逃しなく!

<監督プロフィール>
城定 秀夫(じょうじょう ひでお)

1975年生まれ。東京都出身。武蔵野美術大学在学中から8ミリ映画を制作。
2003年『味見したい人妻たち』で映画監督デビューし、2003年度ピンク大賞
新人監督賞を受賞。その後200本に及ぶ Vシネマ、ピンク映画、劇場用映画
などを100タイトルを越える作品を監督しており、その情緒豊かな作風に心
を掴まれた支持者も増え続けている。。2017、2018 年、2019年とピンク大賞
で作品賞を連続受賞。映画秘宝誌ではその功績を讃えられ10000字インタビ
ューが刊行された。どんなジャンルやお題でも傑作に仕上げる、”映画料理人”
的な天才職人監督。

『アルプススタンドのはしの方』

<上映期間>
8月16日(月)〜31日(火)12:40〜13:55 <水曜休映>
※日本語字幕・音声ガイドあり

そこは、輝けない私たちの
 ちょっとだけ輝ける特等席。

原作は兵庫県東播磨高校演劇部が上映し、第63回全国高等学校演劇大会で最優秀賞に輝いた名作戯曲。2019年浅草九劇で上映され好評を博し、同年度内に上映された演劇から選出される”浅草ニューフェイス賞”受賞を経て奇跡の映画化!青春時代を謳歌し損ねた大人たちのための青春映画の傑作がここに誕生した。

<ストーリー>
夏の甲子園一回戦。夢の舞台でスポットライトを浴びている選手たちを観客席の端っこで見つめる冴えない4人。夢破れた演劇部員・安田とタミヤ、遅れてやってきた元野球部・藤野、帰宅部の成績優秀女子・宮下。安田と田宮はお互い妙に気を使っており、宮下はテストで吹奏楽部部長・久住に学年一位を明け渡してしまったばかりだ。藤野は野球に未練があるのかふてくされながらも、グラウンドの戦況を見守る。「しょうがない」と最初から諦めていた4人だったが、それぞれの思いが交差し、先の読めない試合展開と共にいつしか熱を帯びていき・・・。

(2020年製作/75分/日本)
監督:城定秀夫
原作:籔博晶/兵庫県立東播磨高校演劇部
脚本:奥村徹也
出演:小野莉奈、平井亜門、西本まりん、中村守里、黒木ひかり、目次立樹ほか
公式サイト https://alpsnohashi.com/

前のページへ戻る