Facebookアイコン Twitterアイコン Instagramアイコン

2017年11月2日(木)〜14日(火)『ハンナ・アーレント』

『ハンナ・アーレント』

『ハンナ・アーレント』(2012年/ドイツ・ルクセンブルク・フランス/114分)
上映時間:13:30~15:24

クービック予約システムから予約する

ドイツに生まれ、ナチス政権による迫害を逃れてアメリカへ亡命したユダヤ人の女性哲学者ハンナ・アーレントを描いた歴史ドラマ。1960年代初頭、ハンナ・アーレントは元ナチス高官アドルフ・アイヒマンの裁判の傍聴記事を執筆・発表するが、記事は大論争を巻き起こし、アーレントも激しいバッシングを受けてしまう。その顛末を通して絶対悪とは何か、考える力とは何かを問うとともに、アーレントの強い信念を描きだしていく。監督はフォルカー・シュレンドルフの妻としても知られるマルガレーテ・フォン・トロッタ。2012年・第25回東京国際映画祭コンペティション部門出品。

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
製作:ベティーナ・ブロケンパー、ヨハネス・レキシン
脚本:マルガレーテ・フォン・トロッタ、パメラ・カッツ
キャスト:バルバラ・スコバ、アクセル・ミルベルク、ジャネット・マクティア、ユリア・イェンチ、ウルリッヒ・ノエテン

オフィシャルサイト
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/

チケット料金:一般 1,500円/シニア(60才以上)1,000円/学生 1,000円/中学生以下 500円

同じ月の上映作品

10月1日(木)〜16日(金) *水曜休映

彼らが本気で編むときは、

(2017年製作/127分/日本)
優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコと彼女の心の美しさに惹かれた恋人のマキオ。愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人が、それぞれの幸せてを見つけるまでの心温まる60日
詳細ページ
作品のポスターとイベントタイトル名画像

9月25日18時〜開催!オンラインでゆるっと話そう『なぜ君は総理大臣になれないのか』

詳細ページ
10月1日(木)〜16日(金) *水曜休映

カランコエの花

(2016年製作/39分/日本)
とある高校2年生のクラス。「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」生徒らの日常に広がる波紋・・・思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは・・・? 第22回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭グランプリ受賞作品
詳細ページ
10月1日(木)〜31日(土) *水曜休映

his

(2020年製作/127分/日本)
同性愛者であることを隠して生きる青年が、恋い焦がれる男性と、その子供を育てていく中で抱く葛藤を、恋愛映画の名手・今泉力哉監督が描く。親権獲得の裁判を絡めて、常識、偏見、本気の間を揺れながら、愛とは何かを浮き彫りにした感動作。
詳細ページ