シアターの特徴

LINEで送る
Pocket

日本初のユニバーサルシアター

CityLightsロゴ画像チュプキの運営母体は、2001年から目の不自由な人たちと共に映画鑑賞を楽しむために、言葉による映像の解説(音声ガイド)をいち早く手がけ、視覚障がい者の映画鑑賞をサポートしてきた「バリアフリー映画鑑賞推進団体City Lights」というボランティア団体です。活動を続けて15年目にあたる2016年春。City Lightsは、夢だったバリアフリー映画館の設立に踏み出しました。
せっかく夢の映画館を創るなら、目の不自由な人たちだけでなく、耳の不自由な人や車いすの人、子育て中のママなど。様々な理由で、映画館に行くことをためらってしまっていたどんな人も、安心して映画を楽しめる、ひらかれた映画館を創りたいと思い、車いすスペースや親子鑑賞室を設置し、イヤホン音声ガイドや字幕付き上映を常時行う、ユニバーサルシアターの設立へと夢を広げました。

チュプキの樹

ロビーのチュプキの樹そんな夢の映画館の設立には、1500万円を超える莫大な資金が必要でした。私たちは悩んだ末、ネットやSNS、クラウドファンディングを通じて、募金を呼びかけました。すると、たった3ヶ月で531名もの方々からご支援をいただき、約1880万円もの募金が集まりました。おかげ様で、物件の契約金、防音工事費、音響・映写設備費。内装費等にかかる設立資金のすべてを、募金で賄うことができました。映画館のドアを入ってすぐ左の壁に聳えるチュプキの樹には、その支援者の方々のお名前が書かれた葉っぱが、天井まで生い茂っています。(壁画制作・監修:根本 有華)

夢の映画館設立プロジェクト

https://motion-gallery.net/projects/cinema_chupki_tabata

音へのこだわり

見えない音の粒が降ってくる…
7.1.4ch 360°音に包まれる『フォレストサウンド』を実現!

せっかく夢の映画館を創るのなら、音で映画をイメージする視覚障がい者のお客様にも、できるだけよい音環境を創りたい。その願いを叶えるため、音響監督の岩浪美和さんがご協力くださり、音響設計を全て監修・コーディネートしてくださいました。

音響監督の岩浪美和さん

音響監督の岩浪美和さん

劇場の前面、側面、後面そして天井までスピーカーを配置し、作品に最適な立体的な音場を創造。豊かな森にいるように優しく包まれる音響を「フォレストサウンド」と名付けてくださいました。
(7.1.4chドルビーアトモス/DTS:Xに対応しています。)

ご協力いただいた音響メーカー

協賛いただいた企業様「DENON」「SAEC」「JVC」「TASCAM」「ENSOUND」

スピーカーの音質にこだわると、今までFMラジオで聴いていただいていた音声ガイドの音質も気になりました。電波ノイズが少なくて、映画の音に負けないクリアな音質でお届けするため、すべてケーブルでつなぎました。また、障害のある人もない人も、一緒に映画をお楽しみいただくシアターですので、イヤホンの音漏れにも気をつかいました。
全席に搭載されたイヤホンジャックには、左右の音のボリュームを調節できるレバーがありますので、片耳にしかイヤホンをつけない場合は、もう片方のボリュームを落としていただければ、音漏れ防止になります。
また、このイヤホンジャックは、2チャンネルの切り替えが可能なアンプに繋がっていますので、耳のきこえがよくない方で、映画の音をイヤホンで、ボリュームを大きくして聴きたい。「抱っこスピーカー」で、映画の音を振動で感じたいという方にも、お使いいただけます。

(左)スピーカーのボリューム調節器(右)映画の音を振動で感じられる「抱っこスピーカー」

(左)スピーカーのボリューム調節器(右)映画の音を振動で感じられる「抱っこスピーカー」

親子鑑賞室

親子ルームの写真チュプキはユニバーサルシアターですので、赤ちゃんや小さなお子様をお連れのお客様にも、基本的に一般のお席で、他のお客様とご一緒に映画をご鑑賞いただきたいと思っていますが、上映中に赤ちゃんが泣いてしまったり、お子様がぐずってしまった時には、親子鑑賞室へ移動して、映画をご鑑賞いただくことができます。
親子鑑賞室は、完全防音構造で、スクリーンの見える窓と、映画の音が流れるスピーカーがありますので、この中で、映画をご鑑賞いただくことができます。お部屋のサイズは、ベビーカー1台とママが一人、入れるほどの小さなお部屋です。

シアターのイメージは“森の中”

「チュプキ」とはアイヌ語で、月や木洩れ日などの「自然の光」を意味します。
シアターのイメージは“森の中”
ところどころに、木や緑のぬくもりのあるものを置いています。床には人工芝を敷き、屋内にいながら野外上映を味わっているような、自然と一体となって、リラックスできる空間を演出しています。
上映が始まる前に流しているロゴ映像は、森の朝から夜までを表現しています。小鳥のさえずりや、カエルの鳴き声などをぼーっと聴きながら上映を待っていると、郷愁がよみがえり、心が癒やされます。

チュプキのシアターと親子が映画鑑賞している風景

劇場案内を見る