2019年12月15日(日)~29日(日)『ディリリとパリの時間旅行』《字幕版》

©2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION
『ディリリとパリの時間旅行』

(2018年製作/94分/フランス・ドイツ・ベルギー合作)

※日本語字幕・音声ガイドあり
※上映は字幕版ですが、イヤホンのご利用で吹き替え音声を聞くことができます。

上映日時:12月15日(日)〜29日(日)15:20〜16:54 <水曜定休>

◆NEWS◆
ゆるっと話そうシリーズ、第7回は『ディリリとパリの時間旅行』で開催します!
日時:2019年12月27日 参加費無料、予約不要(映画のご鑑賞は予約をお勧めします)
進行:舟之川聖子さん(鑑賞対話ファシリテーター)

【ご注意】
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「キリクと魔女」「アズールとアスマール」など、
独特の美しい世界を表現するフランスの鬼才ミッシェル・オスロ監督の最新作!

19世紀末から20世紀初頭のベル・エポック期の美しいパリの街を舞台に描いた、ハラハラどきどきの冒険。
きらめく宝石のような映像に思わず息を飲むアニメーションが誕生しました★彡

ニューカレドニアからやって来たディリリは、パリで出会った最初の友人配達人のオレルとバカンスの約束をする。
その頃、街の人々の話題は少女の誘拐事件で持ちきり。
どうやら「男性支配団」と名乗る謎の集団が犯人らしい。。。
ディリリはオレルとともに少女たちの誘拐事件の謎に挑む。

キュリー夫人やパスツール、ピカソ、モネら時代を彩った天才たちに協力してもらいながら、エッフェル塔やオペラ座、バンドーム広場などパリの街中を駆け巡って事件解決を目指す2人だったが……!?

・・・・

夕暮れのヴァンドーム広場、着飾った人々の集うオペラ座、チュイルリー公園や凱旋門など息をのむほどに美しいパリが描かれる。
この風景は監督自身が4年間撮りためた写真をもとに作られた。

そして映画に登場する著名人はなんと100人超!女性として、母国では受けることのできなかった教育を求めてパリに来た化学者マリ・キュリー、細菌学者パスツールや、洗濯船に集う画家ピカソや、マティス。音楽家のサティが「グノシエンヌNo.1」をピアノで弾き、ロートレックが描いたラ・グーリュやショコラが踊り、街の至るところにミュシャのポスターが貼られ、ムーラン・ルージュなどの自由で洒脱な雰囲気は当時にタイムトリップしたかのような気分にさせてくれる。

監督:ミッシェル・オスロ
脚本:ミッシェル・オスロ
音楽:ガブリエル・ヤーレ

声の出演:プリュネル・シャルル=アンブロン、新津ちせ(日本語吹き替え)、エンゾ・ラツィト、斎藤工(日本語吹き替え)、ほか

『ディリリとパリの時間旅行』オフィシャルサイト https://child-film.com/dilili/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/aboutでご確認いただけます。

2019年12月29日 | Posted in 2019年12月, 上映スケジュール | | Comments Closed 

おすすめの記事