2019年12月1日(日)~14日(土)『戦場のメリークリスマス』

©大島プロダクション
『戦場のメリークリスマス』

(1983年製作/123分/日本・イギリス合作)※音声ガイド・日本語字幕あり

上映日時:12月1日(日)〜14日(土)14:30〜16:33 ※水曜定休 

【ご注意】
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ークリスマスが近づくと想い出す。
そして、あの曲。もう一度、「戦メリ」観ませんか?ー

1942年。第2次大戦中のインドネシア、ジャワ島山中。
日本軍捕虜収容所を舞台に、極限状態に置かれた男たちの相克を描いた異色のヒューマンドラマ。

カネモト(ジョニー大倉)がオランダの男性兵デ・ヨンを犯すという事件がおきる。

日本語を流暢に話す英国軍中佐ロレンス(トム・コンティ)は、共に事件処理にあたった粗暴な軍曹ハラ(ビートたけし)と奇妙な友情で結ばれていく。

ハラの上官で陸軍大尉のヨノイ(坂本龍一)と連合軍捕虜セリアズ少佐(デヴィット・ボウイ)の愛情めいた関係を中心に、異なる宗教観や道徳感が交差するなか、日本軍人と西洋人捕虜との関係が興味深く描かれる。

「愛のコリーダ」でセンセーショナルを巻き起こした大島渚監督が、坂本龍一、ビートたけし、そしてあのデビッド・ボウイといった国内外の異色キャストで創り上げた唯一無二の作品。

坂本龍一作曲の、誰もが耳にしたことがある「戦メリ」のテーマ曲も高い評価を得た。

第7回日本アカデミー賞(1984年)
監督賞:大島渚  助演男優賞:ビートたけし 音楽賞:坂本龍一

第36回カンヌ国際映画祭(1983年)
コンペティションン 出品作品

監督:大島渚
製作:ジェレミー・トーマス
原作:ローレンス・バン・デル・ポスト
撮影:成島東一郎、杉村博章
編集:大島ともよ
音楽:坂本龍一

出演:ジャック・トンプソン、内田裕也、ジョニー大倉、室田日出男、戸浦六宏、デビッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし、トム・コンティ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/チュプキサポーター会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

2019年12月14日 | Posted in 2019年12月, 上映スケジュール | | Comments Closed 

おすすめの記事