2019年12月1日(日)~14日(土)『そこにあるもの』

©2010 reclusive factory
『そこにあるもの』

(2010年製作/68分/ドキュメンタリー)※日本語字幕・音声ガイドあり

上映日時:12月1日(日)〜14日(土)13:00〜14:08 <水曜定休>

◆NEWS 12/5追加になりました!◆
12/5木、7土、8日、14土 上映後、澤 佳一郎監督の舞台挨拶があります !
ぜひお越しください♪

【ご注意】
※携帯電話や一部のフリーメールアドレスでは、予約通知メールが届かない場合がございます。その際は、@coubic.comからのメール受信許可設定をお願いします。

クービック予約システムから予約する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音で風景を見る。触れて花を楽しむ。いとおしい毎日。

東京都青梅市にある盲養護老人ホーム「聖明園曙荘」。
そこでは先天盲、後天性失明、ロービジョン(※)の方々を含めた100名ほどが暮らしている。
朝はラジオ体操から始まり、午後は様々なクラブ活動や行事を楽しんでいる。

普段は見ることのできない施設内での暮らしや、ここで暮らす方達の「見えないことについて」の世界を描き、視覚情報に頼る日常の中で埋もれてしまっている大切なものを浮かび上がらせていく。

—「見えない」世界を生きている彼女たちの時間と、

見たいものしか見ようとしない私たちの時間が、
やがて溶け合って地続きの時間として映画の中に流れてゆく。
ささやかだけど、それは稀有な体験であると思う。諏訪敦彦(映画監督)—

※ロービジョン
視機能が弱く、矯正もできないが全盲ではない視覚障害。従来は弱視、低視力、見えにくい人と呼ばれた。

監督:澤佳一郎
撮影:澤佳一郎 曽我由香里
録音:須藤慎 編集:澤佳一郎
助言:諏訪敦彦 筒井武文 塩崎登史子 内藤雅行

音声ガイド:しゅはまはるみ

『そこにあるもの』 公式サイト https://www.reclusivefactory.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット料金】
一般 1,500円/シニア (60才以上)・学生・ユース(22才以下) 1,000円/中学生以下 500円/シネマチュプキクラブ会員1,300円

※お支払いは当日受付にて、お取り扱いは現金のみとなります。

■料金制度・ご入場に関するご注意・劇場へのアクセスについては、
コチラ http://chupki.jpn.org/about でご確認いただけます。

2019年12月14日 | Posted in 2019年12月, 上映スケジュール | | Comments Closed 

おすすめの記事