2018年1月の上映作品が決まりました!

2018年1月の作品

今月のイメージは「静寂(しじま)の水面を照らす春光」

厳寒の雪山、広大な砂漠、人を死へ誘いこむ断崖…。壮大な大自然を前に気づかされる小さき命の尊さ。息をしているからこそ人を愛し、心でつながり触れ合えたぬくもりは、何よりも人を強くする。凍てつくような風が吹き、心が深い悲しみの静寂(しじま)にあっても季節はめぐる。やがて春光が昇り、雪解けの水面を照らす。寒い季節に暖かくなる、希望を描いた作品を取り揃えました。どうぞ是非ご来場くださいませ!

http://chupki.jpn.org/archives/category/schedule/201801

●2018年1月4日(木)〜16日(火) ※水曜定休日
 10時30分~12時06分『神宮希林 わたしの神様』
 13時00分~14時59分『ローマの休日』
 15時30分~17時07分『真白の恋』
 17時30分~19時00分『光のノスタルジア』
※1月5日(金)は上映は致しません。
  19時30分~21時05分『KOKORO』※1月5日(金)は上映は致しません。

●2018年1月18日(木)〜30日(火) ※水曜定休日
 10時30分~12時09分『風の波紋』
 13時00分~14時37分『真白の恋』
 15時00分~16時59分『ローマの休日』
 17時30分~19時05分『KOKORO』
 19時30分~21時00分『光のノスタルジア』

2018年からクラシック洋画の名作シリーズが始まります!年明け第1弾は人気No.1の『ローマの休日』。妖精のように美しいオードリー・ヘップバーンを、スクリーンでお楽しみください。

また朝は新春らしく1月16日(火)まで、2013年は式年遷宮の年に、女優樹木希林が、初めてのお伊勢参りに向かったドキュメンタリー『神宮希林 わたしの神様』を。
冬は雪、新潟県の豪雪地帯・越後妻有の里山に移住した夫妻の日常をとらえたドキュメンタリー『風の波紋』と、昼は雪景色が美しい富山県射水市を舞台に初めて恋をした軽度の知的障がいのある女性と、その家族の姿を描いた『真白の恋』を上映します。

夕方と夜はベルギー出身のヴァンニャ・ダルカンタラ監督の新作『KOKORO』が登場です。島根県は隠岐の島を舞台に、生と死・人々の心情を美しい風景と音で描き出しています。そして、世界中から天文学者が集まるチリのアタカマ砂漠と、そこにとどめられたさまざまな歴史に焦点を当てたドキュメンタリー『光のノスタルジア』は、光と宇宙、土地の「記憶」を美しい描写で表現されています。

2018年もスタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしています。

2017年12月23日 | Posted in お知らせ | | Comments Closed 

おすすめの記事