5月27日・28日『カンタ!ティモール』トークショー決定!

『カンタ!ティモール』は、東ティモールと音楽を通した国際交流を実践している音楽ユニット「環音(わおん)」が制作したドキュメンタリー映画。ソフト化もされず、劇場公開もされていなかった本作を、1ヶ月間継続して上映していこうと決めたのは、長年の植民地支配と軍事占領、そして住民投票後の破壊と暴力という数々の苦難を乗り越えてきた、東ティモールの人々から「平和」へのメッセージを受け取ってほしかったからです。

5月20日の東ティモール独立記念イベント上映に引き続き、翌週の5月27日(土)・28日(日)もトークショーが決定しました!是非、ご来場ください。

 

●5月27日(土)13:00〜の回、上映終了後
東ティモールで活動するNGOパルシックの元・駐在員・大坂智美さんと留学生のパルミラさんをお招きして、現在の東ティモールの様子や、私たちにできる支援についてお話をお聴きします。

【特定非営利活動法人パルシック】 http://www.parcic.org/
特定非営利活動法人パルシックは、地球の各地で暮らす人と人が国家の壁を越えて助けあい、支えあい、人間的で対等な関係を築くことを目指して活動するNGOです。国際協力とフェアトレードを主な活動内容としています。
1999年、国連監視の下でのインドネシアからの独立を問う住民投票の際、傷ついた東ティモールの住民たちのため、パルシックは、医薬品などを届ける緊急救援に駆けつけ、2002年から山間部の農民の生活を支えているコーヒー生産の支援を開始しました。現在は農村女性のための生計向上支援事業と、清潔な水と農業用水の供給を目的とした水利改善事業を実施しています。農村女性たちが丹精込めて作ったハーブティー、どうぞお試しください!

大坂さんの写真■大坂智美
長い間OLをした後、縁あって2010年、パルシック現地駐在員として東ティモールへ。その後他機関でも従事し、2016年9月帰国。現在パルシック東ティモール事業担当。

■パルミラ・アラウジョ
2016年9月、東ティモールから日本へ。現在、大学1年生で社会学を学ぶ。

■□■□■□■□

●5月28日(日)の13:00〜の回、上映終了後、
過酷な紛争時の東ティモールで、森の中で活動するゲリラと共に独立までの軌跡つづった『いつかロロサエの森で~東ティモール・ゼロからの出発』の著者でもある、フォト・ジャーナリストの南風島渉(はえじまわたる)さんのトークショーを行います。

はえじまわたるさんの写真■南風島渉(はえじまわたる・報道写真記者)

「カンタ!ティモール」監修と映像提供。通信社写真部勤務を経て、95年からフリー。スリランカ紛争、バングラデシュ・チッタゴン丘陵地帯、インドネシアのアチェやパプア、インド・ビルマ国境地帯のナガ民族問題など、おもにアジアの紛争や人権問題などを取材。東ティモールは紛争中の1993年から潜入取材を繰り返した。主著「いつかロロサエの森で~東ティモール・ゼロからの出発」、共訳「血と涙のナガランド~語ることを許されなかった民族の物語」(いずれもコモンズ刊)など。

 

※トークショーは、両日とも14:50〜。 30~40分ほどを予定しております。
※ご予約は、お電話、メール、または、予約サイトのスケジュールから、希望の日時を選択の上、ご予約ください。
※トークショーの文字サポート・手話通訳をご希望の方は、必ず3日前までにご予約をお願いします。
ご予約の際、希望するサポートの内容をお知らせ下さい。
 
クービック予約システムから予約する

2017年05月13日 | Posted in お知らせ | | Comments Closed 

おすすめの記事