3月2日〜31日『地球交響曲 第八番』

ガイアシンフォニー第8番の作品イメージ画像

『地球交響曲 第八番』(2015年/日本・ドキュメンタリー/115分)
上映時間 10:30~12:25

【ゲストによるトークショー決定!】
◎3/20(春分の日/宇宙新月) 龍村 仁 (地球交響曲 第八番 映画監督)
◎3/23(木)鹿住貴之(フォレスト・サポーターズ(特)JUON(樹恩)NETWORK 事務局長)
◎3/26(日)中澤宗幸( 地球交響曲 第八番 出演者)× 恩田映三(プロデューサー)

※トークショーは、両日とも12:25〜。 30~40分ほどを予定しております。
※ご予約は、お電話、メール、または、予約サイトより、それぞれの日程を選択の上、ご予約ください。
※トークショーの文字サポート・手話通訳をご希望の方は、必ず3日前までにご予約をお願いします。ご予約の際、希望するサポートの内容をお知らせ下さい。

※3/2〜31の上映期間中、定休日の水曜日と、3月19日(日)は終日イベントのため、本作の上映はございませんので、予めご了承ください。

クービック予約システムから予約する

生物物理学者ジェームズ・ラブロックの「地球自体が一つの生命体」というガイア理論に基づき、多彩なジャンルの人たちを取材するドキュメンタリーシリーズの最新作。
キーワードは、畏れと美と智恵と勇気と Fear, Beauty, Wisdom and Bravery

老樹から能面を作る奈良県吉野の能面打ち、東日本大震災で被害に遭った陸前高田の「奇跡の一本松」と、がれきから「津波ヴァイオリン」を作る楽器製作者、海水汚染を防ぐために植林活動をした気仙沼のカキ養殖業者を追う。

東日本大震災から約5年、人智を遥かに越えた宇宙的な力に依ってもたらされた崩壊と苦難から立ち直り、真の復活を遂げる為に、私達日本人は今、なにに気付き、何をなさなければならないのか!
「樹の精霊の声、すなわち宇宙の声を聴く力を甦えらせなければならない」と気付いた日本人達がいます。
地球交響曲「第八番」では、この人々の想いと活動を世界に向って発信します。
地球の未来の全ての生命が健やかに、末永く生き続けることを願って

監督・脚本:龍村 仁
制作プロデューサー:恩田映三

出演者
梅若玄祥[能楽師]/見市泰男[能面打ち]
中澤宗幸[ヴァイオリン製作者]/中澤きみ子[ヴァイオリニスト]
畠山重篤[カキ養殖業・NPO法人「森は海の恋人」理事長]/柿坂神酒之祐[天河神社]

公式サイト
http://gaiasymphony8.com/
予告編
https://youtu.be/mJ7QZW0X_oI

 

2017年03月31日 | Posted in 2017年3月, 上映スケジュール | | Comments Closed 

おすすめの記事