2月2日〜28日『むかしMattoの町があった』

LINEで送る
Pocket

 

「むかしマットのまちがあった」イメージ画像

『むかしMattoの町があった』
(2010年/イタリア/198分 ※第1部 96分・第2部 102分)
上映時間 15:30〜18:58 <1部・2部の間 休憩 約10分>

クービック予約システムから予約する

イタリア精神保健改革の父と呼ばれる実在の精神科医フランコ・バザーリアにスポットを当て、1978年に施行された世界初の精神科病院廃絶法「バザーリア法」誕生までの道のりを、精神障害患者たちとの交流を交えながら2部構成で描いた伝記ドラマ。本国イタリアでは2010年2月にTV映画として2夜連続で放映され、21%を超える高視聴率を記録した。1961年、ゴリツィア県立精神病院の院長となったバザーリアは、入院患者たちが非人道的な扱いを受けていることに衝撃を受け、病院改革に乗り出す。県当局の反発を受けながらも、患者たちの人権を取り戻すべく尽力するバザーリアだったが、ある事件をきっかけに病院を追われてしまう。1971年、バザーリアはトリエステ県代表からの依頼で、県当局が運営に口出ししないことを条件に県立病院の院長に就任。患者たちを地域に住まわせることで病院機能の縮小を図り、その一方で政府に精神病院の解体を訴えかける。

 

監督:マルコ・トゥルコ 製作:クラウディア・モーリ
キャスト:ファブリツィオ・ジフーニ、ビットリア・プッチーニ、ブランコ・ジュリック
ミケーラ・チェスコン 他
公式サイト
http://180matto.jp/
予告編
https://www.youtube.com/watch?v=KFzVyTlK5Fc&t=20s

2017年02月28日 | Posted in 2017年2月, 上映スケジュール | | Comments Closed 

おすすめの記事